ヤマシタトモコ

⌘、amamori、他14人がファンになりました。

プロフィール

ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典

ヤマシタ トモコ(1981年5月9日 - )は、日本の女性漫画家。血液型はB型。主にボーイズラブ誌、『FEEL YOUNG』等の女性誌、『月刊アフタヌーン』等の青年誌で作品を執筆している。

29

並び替え:

除霊モノ+匂わせBLで、ここまで面白くなるとは…目からウロコが落ちまくり!!! 絵も演出もセンスの塊!!日常系が上手な作家さんだけどオカルトも描けたんですね〜いやこっちのが面白い! 薫りはありますがBLじゃないっす(今のところは)イケメン好きオカルト好きには超オススメby おおがらす (360)

違国日記という漫画を読んだ。 事故で両親を失ってしまった姪っ子(朝)と、彼女を引き取った小説家の叔母(槙生)。 突如始まった二人の共同生活を描いた作品。 本作を読んでいるとハッとする。 同じ国に住んでいて、同じような義務教育を受けて、同じ言葉を喋る。 それくらいしか同じ国に住んでいても共通点は無い。 喋る言語が同じでも理解できない内容の話題や用語もある。 けれど少し油断すると、全部わかり合える気がしてしまう。 悲しみも喜びも全部わかってもらえるような気がしてしまう。 歩み寄れば全部わかってあげられる気がしてしまう。 そんなことありえないって分かっているのに。 それでも僕らが一人で生きようとしないのは多分、全部わかり合う必要なんて無いからだ。 僕らは、寄り添うことで暖かさを感じる。 それだけで少し救われているのかも知れない。by ヒノデ (42)

新装版 イルミナシオン

3.21

812

4

発刊:2018.08.25

完結・全1巻

短編集。BLに絡んだ話が多いけど、何かが始まりも終わりもしない、モヤモヤした日常の数コマって感じの話が多い。 ちょっとモヤモヤが過ぎるのでは。どっかに着地が無いと孤独感ばかりヒシヒシ迫ってきてもう、切な〜 by おおがらす (360)

ボーイミーツボーイの話。それをエピソード毎にバラバラにして、ランダムに並べ直してみたという感じ。 とあるエピソードの続きが読みたいのにいきなり変わったり、もどかしいような気持ちになるかな… この作家さんの描く男性って独特の色気があるなぁby おおがらす (360)

裸で外には出られない

3.39

649

12

発刊:2012.08.24

完結・全1巻

作品情報ページ

ヤマシタトモコ先生のファッションエッセイ。田舎のお転婆な貴族の娘が着てるドレスの話最高です。好きな男の子のファッションの話も、イラストが本当に素敵で何度も読み直してます。by Taka (94)

Mo'some sting

3.19

456

8

発刊:2009.09.10

既刊1巻

作家さんが好きで読んでみた。 登場人物、変すぎ。多過ぎ。次から次へと色々起こり過ぎ。関係複雑過ぎ。…なのにお話なさすぎ! …で、結局何だったの?という感想になっちゃいます。これは合わなかった。by おおがらす (360)

BLの中編&短編いくつか集。中編はノンケとゲイが付き合い始めようかなーどうかなーという手探り感満載の日常会話劇、冴えております。 短編は枚数の割にどの話も上手く纏めて着地もあり読みやすいっす。で、最後に持ってくる話がまた。成就する恋の陰に破れる恋あり…切ない …こゆとこ上手いよなぁ。by おおがらす (360)

1

この作者に関する記事

関連記事をもっと表示 +