『天は赤い河のほとり(1)』巻の書影
『天は赤い河のほとり(2)』巻の書影
『天は赤い河のほとり(3)』巻の書影
『天は赤い河のほとり(4)』巻の書影
『天は赤い河のほとり(5)』巻の書影
『天は赤い河のほとり(6)』巻の書影
『天は赤い河のほとり(7)』巻の書影
『天は赤い河のほとり(8)』巻の書影
『天は赤い河のほとり(9)』巻の書影
『天は赤い河のほとり(10)』巻の書影
『天は赤い河のほとり(11)』巻の書影
『天は赤い河のほとり(12)』巻の書影
『天は赤い河のほとり(13)』巻の書影
『天は赤い河のほとり(14)』巻の書影
『天は赤い河のほとり(15)』巻の書影
『天は赤い河のほとり(16)』巻の書影
『天は赤い河のほとり(17)』巻の書影
『天は赤い河のほとり(18)』巻の書影
『天は赤い河のほとり(19)』巻の書影
『天は赤い河のほとり(20)』巻の書影
『天は赤い河のほとり(21)』巻の書影
『天は赤い河のほとり(22)』巻の書影
『天は赤い河のほとり(23)』巻の書影
『天は赤い河のほとり(24)』巻の書影
『天は赤い河のほとり(25)』巻の書影
『天は赤い河のほとり(26)』巻の書影
『天は赤い河のほとり(27)』巻の書影
『天は赤い河のほとり(28)』巻の書影
竹谷彰人(ミリアッシュ代表)さん、他2人が読んでいます

あらすじストーリー紹介

夕梨(ユーリ)はごく普通の中学生。楽しいデートの最中にいきなり水たまりのなかに引きずり込まれてしまう。目が覚めたところは、古代ヒッタイト帝国。皇妃の謀計のために、時空を超えていけにえとして連れてこられたのだ。皇妃に命を狙われるユーリは、危ないところを皇子・カイルに助けられ、側室としてカイルの宮にかくまわれる。なんとかして、日本に戻りたいユーリだが…!?

この漫画の詳細情報

はじめての方はこちら

この漫画を読んだ人におすすめ

Loading ...
Loading ...