BANANA FISH12

吉田秋生

4.12

19863

発刊:1986.12.15 〜

完結・全19巻

BANANA FISH12巻の表紙
ここまで読んだブックマークする
『BANANA FISH(1)』巻の書影
『BANANA FISH(2)』巻の書影
『BANANA FISH(3)』巻の書影
『BANANA FISH(4)』巻の書影
『BANANA FISH(5)』巻の書影
『BANANA FISH(6)』巻の書影
『BANANA FISH(7)』巻の書影
『BANANA FISH(8)』巻の書影
『BANANA FISH(9)』巻の書影
『BANANA FISH(10)』巻の書影
『BANANA FISH(11)』巻の書影
『BANANA FISH(12)』巻の書影
『BANANA FISH(13)』巻の書影
『BANANA FISH(14)』巻の書影
『BANANA FISH(15)』巻の書影
『BANANA FISH(16)』巻の書影
『BANANA FISH(17)』巻の書影
『BANANA FISH(18)』巻の書影
『BANANA FISH(19)』巻の書影

BANANA FISH(12)のあらすじストーリー紹介

アッシュが仕掛けた情報操作により、コルシカ人財団内で窮地に陥っていたディノ・ゴルツィネが、バナナフィッシュをめぐるアッシュとの闘いに復帰してきた。そしてディノと手を組んでいたチャイニーズマフィアの李(リー)一族の中では、月龍(ユエルン)が兄たちを排除して実権を握っていた。ディノと月龍が改めて手を結び、アッシュを狙い始める。その手始めとして、ディノは殺し屋の白(ブランカ)を雇った。一方、アッシュはバナナフィッシュをめぐる陰謀を明らかにするため、ディノとともに陰謀に深くかかわっていた上院議員のキッパードを追い詰めていた。だが、あと少しというところで彼は射殺されてしまった…。

タイトルページへ
はじめての方はこちら
Loading ...