吉田秋生さんの作品の書影

吉田秋生

ファンになる

作品数:33

kgrさん、他2人がファンになりました
ファンになる

プロフィール

吉田 秋生 (よしだ あきみ、1956年8月12日 - )は、東京都渋谷区出身の女性漫画家。武蔵野美術大学卒業。1977年に「ちょっと不思議な下宿人」で活動開始。1983年に「河よりも長くゆるやかに」及び「吉祥天女」で第29回小学館漫画賞を、2001年に「YASHA-夜叉-」で第47回小学館漫画賞を受賞。『月刊フラワーズ』(小学館)で「海街diary」を不定期連載する[注 1]。

吉田秋生の作品

一覧
『BANANA FISH』の書影

BANANA FISH

4.15

9681

発刊: 1986.11.1 ~

完結・全19巻

1985年、ストリートキッズのボス、アッシュはニューヨークのロウアー・イースト・サイドで、胸を射たれて瀕死の男から薬物サンプルを受け取った。男は「バナナフィッシュに会え…」と言い遺して息を引き取る。ベトナム戦争で出征した際、麻薬にやられて正気を失ったままの兄グリフィンの面倒をみていた彼は、兄が時々つぶやく「バナナフィッシュ」と同じことばを聞き、興味を抱いた。殺された男を追っていたのは暗黒街のボス、ディノ・ゴルツィネ。アッシュは男と最後に接触した者としてディノに疑われる。雑誌の取材でアッシュと出会った、カメラマン助手の英二も巻き込んで事件は思わぬ展開を見せ…。

『海街diary』の書影

海街diary

3.64

4243

発刊: 2007.3.4 ~

既刊9巻

海の見える街、古都・鎌倉を舞台に清新なタッチで描く、家族の喪失と再生のものがたり。 吉田秋生が新境地に挑む、畢生(ひっせい)の感動シリーズ!

『BANANA FISH 文庫版』の書影

BANANA FISH 文庫版

3.90

1951

発刊: 1996.11.0 ~

完結・全11巻

1973年、ベトナム。米軍兵士グリフは突如錯乱、同僚を射殺して廃人と化した彼はひとつの言葉を繰り返しつぶやく…バナナフィッシュ。1985年、ニューヨーク暗黒街。非情と暴力が支配するこの街で、ストリート・キッズを束ねる少年がいた。アッシュ・リンクス。IQ200の知能に超一級の戦闘力をあわせもつ、17歳のアンファン・テリブル。日本から来た少年、奥村英二とアッシュの出会い。その時、バナナフィッシュをめぐるマフィアとの暗闘は間近に迫っていた…。

『YASHA -夜叉-』の書影

YASHA -夜叉-

3.64

1179

発刊: ~

完結・全11巻

沖縄の離島で母と2人、幸せに暮らしていた少年・有末静(ありすえセイ)。だがある日謎の男たちに母を殺され、拉致された静。静の隠された秘密とは――!?

『YASHA-夜叉-』の書影

YASHA-夜叉-

3.30

741

発刊: 2005.11.4 ~

既刊7巻

すべて表示(33)

作品レビュー

一覧
すべて表示(424)

この漫画家が好きな人におすすめ

Loading ...
Loading ...