『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(1)』巻の書影
『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(2)』巻の書影
『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(3)』巻の書影
『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(4)』巻の書影
『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(5)』巻の書影
『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(6)』巻の書影
『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(7)』巻の書影
『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(7)』巻の書影
『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(8)』巻の書影
『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(8)』巻の書影
『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(9)』巻の書影
『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(10)』巻の書影
『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(10)』巻の書影
『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(11)』巻の書影
『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(11)』巻の書影
『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(12)』巻の書影
『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(12)』巻の書影
『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(13)』巻の書影
『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(14)』巻の書影

30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(6)のあらすじストーリー紹介

30歳童貞で「触れた人の心が読める」魔法使いの安達と黒沢は恋人同士。安達は黒沢に魔法の秘密を打ち明け、二人の絆をより深いものへと進展させた。相思相愛な日々の中、安達は部長から転勤の相談を受ける。好待遇が約束された転勤――しかし、転勤先は遥か1200km先の長崎だった――。描き下ろし80pを収録の第6巻! 爽やかイケメン→→→←←←拗らせ童貞 好意が丸見え純愛(ピュアラブ)BL。※デジタル版限定特典:描き下ろしページ1P収録

タイトルページへ
はじめての方はこちら
5.0
4.0
3.0
2.0
1.0
3.63

100件の評価

すべて表示
Loading ...