『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(1)』巻の書影
『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(2)』巻の書影
『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(3)』巻の書影
『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(4)』巻の書影
『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(5)』巻の書影
『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(6)』巻の書影
『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(7)』巻の書影
『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(7)』巻の書影
『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(8)』巻の書影
『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(8)』巻の書影
『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(9)』巻の書影
『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(10)』巻の書影
『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(10)』巻の書影
『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(11)』巻の書影
『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(11)』巻の書影
『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(12)』巻の書影
『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(12)』巻の書影
『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(13)』巻の書影
『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(14)』巻の書影

30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(3)のあらすじストーリー紹介

30歳童貞で「触れた人の心が読める」魔法使いの安達は、自分に恋する同期のイケメン・黒沢へ、ついに恋愛経験がないというコンプレックスを打ち明けた。「好きな人の初めてを全部貰えるなんて、俺だったら嬉しい」そう答えた黒沢の誠実さに、安達は彼への気持ちを自覚して…? そんな中、黒沢とルームシェアすることが決まり…!? 「2019年書店員が選んだおすすめコミックBL部門 1位」など数々の賞を獲得した話題作、第3巻! 60ページ以上の描き下ろしを収録。爽やかイケメン→→→拗らせ童貞による好意が丸見え純愛(ピュアラブ)BL。

タイトルページへ
はじめての方はこちら
5.0
4.0
3.0
2.0
1.0
3.63

100件の評価

すべて表示
Loading ...