『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(1)』巻の書影
『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(2)』巻の書影
『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(3)』巻の書影
『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(4)』巻の書影
『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(5)』巻の書影
『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(6)』巻の書影
『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(7)』巻の書影
『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(7)』巻の書影
『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(8)』巻の書影
『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(8)』巻の書影
『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(9)』巻の書影
『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(10)』巻の書影
『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(10)』巻の書影
『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(11)』巻の書影
『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(11)』巻の書影
『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(12)』巻の書影
『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(12)』巻の書影
『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(13)』巻の書影
『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(14)』巻の書影

30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(9)のあらすじストーリー紹介

婚約者として順調な安達と黒沢。穏やかで幸せな日々の中、黒沢は、安達との今までを思い返す…。一方、小説家・柘植は、年下でダンサー志望の湊に一世一代の告白をした!が、返事を受け取れないまま、湊と音信不通になってしまい…!?黒沢と柘植、恋する男二人の視点で綴られる純愛BL。言葉が愛を繋ぎ合う、描き下ろし70p以上を収録の第9巻!

タイトルページへ
はじめての方はこちら
5.0
4.0
3.0
2.0
1.0
3.63

100件の評価

すべて表示
Loading ...