『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(1)』巻の書影
『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(2)』巻の書影
『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(3)』巻の書影
『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(4)』巻の書影
『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(5)』巻の書影
『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(6)』巻の書影
『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(7)』巻の書影
『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(7)』巻の書影
『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(8)』巻の書影
『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(8)』巻の書影
『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(9)』巻の書影
『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(10)』巻の書影
『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(10)』巻の書影
『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(11)』巻の書影
『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(11)』巻の書影
『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(12)』巻の書影
『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(12)』巻の書影
『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(13)』巻の書影
『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(14)』巻の書影

30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(8)のあらすじストーリー紹介

婚約者となった安達と黒沢。両親への挨拶のため生まれ育った地を訪れて知る、パートナーの新たな一面&思い出エピソードを豊田悠先生が描き下ろし。さらに二人のキャラクターデータや純愛たっぷりな歴史を美麗イラストと胸キュンな漫画で振り返り♪ 二人の愛の軌跡をギュギュっと詰めた「チェリまほ」ファン歓喜の1冊が登場です。※デジタル版限定特典:描き下ろしページ1P収録

タイトルページへ
はじめての方はこちら
5.0
4.0
3.0
2.0
1.0
3.63

100件の評価

すべて表示
Loading ...