やび さんのレビュー

13

4.0

3巻まで読みました

"世界一初恋"漫画本編で主人公律の恋敵として出てくる横澤が主人公の小説
横澤のお相手は同じ丸川出版でバツイチ子持ちの編集長桐嶋です
.
世界一初恋で横澤を憎く思ってる人ほど読んで欲しい!という言葉がピッタリの今作。横澤の見た目や言動とは裏腹な執着質で一途で想いと真面目で紳士に向き合う面に今までの横澤への先入観はぶっ壊されるような作品です( -᷄ω-᷅ )❤️
.
「あいつを好きな気持ちは忘れなくていい。大事にとっておけ」
.
桐嶋のこの言葉に萌えました✌️
これは最愛の奥さんを亡くし悲しみに明け暮れ、それでも娘の日和と2人で立ち上がった桐嶋だからこそ出てきた言葉。横澤に高野への気持ちは忘れなくていいと諭すところがかなり良いな。誰かを大切に思った想いは忘れようとしたり上書きするものじゃないと思う。
.
攻めの桐嶋はバツイチ子持ちという設定ですが、桐嶋の娘・日和がほんとーーーーに良い子なんです(><)日和とソラ太(横澤の猫)はこのお話のポイントにもなる存在。日和とソラ太と横澤と桐嶋。基本はこの3人と1匹のおはなしもうどのカップルより家族じゃんね☺️✨

てことは、ふたりの時間はないの?と
思いますが、そんなことはありません
うまく2人の時間も作るんだよね〜(´,,•ω•,,`)♡
まあ、カップルってより家族っていうニュアンスのほうがしっくりきますがとても微笑ましく、高野を思ってつらい失恋をしてきた横澤だからこそ心から祝福できました
.
.

この作品をみて、改めて自分の主観では嫌なやつにみえる人でもその人なりの考えとか事情があるんだな。と当たり前なことを猛反する作品だったと思います‍‍横澤はそれくらい原作と今作でギャップのある人間でした。とても可愛いやつだと今は思います
.

追記:世界一初恋 桐嶋×横澤の映画みたけど逸見の顔がモブ顔レベル高すぎて今年一笑ったんじゃん?!ってくらい笑った。

世界一初恋 〜横澤隆史の場合〜

レビュー(1)件

既刊3巻

4.4

11巻まで読みました

このレビューにはネタバレを含みます。

11巻は橋田回。
普段ミステリアスで何考えてるか分からない橋田の内面がほんの少し見えたように思う。
.
八虎と橋田が美術館行った時のお話で、『画が完成した時』が傑作ではなくそれを見た多くの人が賞賛したり批判したりした後に歴史になって傑作になる。って言葉好きだった。
.
自分がやった事ってやり終わった直後じゃ○なのか×なのか分からないけど、後になって『あの時頑張った事は無駄じゃなかった』ってわかる事多いからその場で○なのか×なのか決めるのは早いよね、っていう。
.
橋田は悩み相談マジうまいなって思うんだけど、八虎が『ダサいけど、一旦描くことから離れたい』っていったときに、

.
『人間はかけた時間と労力に価値を感じる生き物や。絵が好きなことだけが八虎のアイデンティティやないやろ』
.
って言葉すごくいいなあ〜
でも、世田介くんみたいに『自分には画しかない』って思ってる人は、こう言われると、辛くなっちゃうのかな。そう言う人こそ『画から離れる』って行為が難しかったりするんだろうか。

.
あと、翔也くん。
最初クソガキだとおもってたけど
.
『楽しくてよかったねで終われるほどガキじゃないだけ。』

ここヨクナイカ?
翔也くん回は、さすが八虎先生・大先生という感じでした。他人の気持ちを想像して寄り添えるアナタは本当に天からの才能。(主観だけど八虎は想像して共感して努力して具現化できるからそこが現役合格の理由って思う。)
.
小枝ちゃん回は、小枝ちゃんのお父さんが小枝ちゃんに言ってること、世田介君が小さい頃お母さんに言われて軽くトラウマになってる事に似てる。つまり、大人の何の気無しの言葉に子どもは実は傷ついていて、そのままその子どもは大人になってるんだなぁ、とジンワリ。
.
橋田にとって絵画教室のバイトを通して起きた出来事がどう未来に影響を受けていくのか分からないけど、プラスになればいいなぁと願う。
.
最後の佐伯先生の言葉
.

『今の彼に何より必要だったのは、成果を目的とせずに夢中になれるものだった』
.
矢虎への佐伯先生のことば、な、な、な、かっこいい!!!
.
矢虎が2年生になった時に必要になるのは、他人に自分の画を悪評されても、自分を信じる気持ち。と受け取った。
.
最後は桑名さん!今日もいい女!
11月号のアフタヌーンで桑名さんが
何科を選んだのか見てしまったけど
11巻のラスト→先月のアフタヌーン
に続いてるので見てみるのもいいと思われ。前にギャラリー貸し切って展示しよみたいな
話してたのでこれから楽しみ?

ブルーピリオド

レビュー(1468)件

既刊15巻

4.2

5巻まで読みました

コスメティック・プレイラバー

レビュー(28)件

既刊8巻

4.0

1巻まで読みました

さち先生作品コンプリート✌️❣️さち先生は自分がBLに出会ってまだ間もない、右も左も分からない状態に出会った作家さんなので思い入れがあって大好きです?シアンとイエローは自分が3Pネタ苦手なのでみてなかったんですが機会があり購入?
.
純愛で健気な受けがイメージ強いさち先生がなぜ3Pものを...??とずっと謎だったんですけど、今作は2019年に発行された『インモラル・セックス』というアンソロジーの読み切りで描いたもののようで、インモラル(非道徳的)な18禁ネタという縛りのお題があった為、シアンとイエローが出来たそうです?
.
その話を聞いたら、なるほど!と納得しました。お話は最後の最後まで検討がつかなくて『これどうなるの?!』って思いながら読んでたけど、さち先生も同じ事思いながら描いてたっていうのをみてワロでした?w
.
インモラルなモノこそ読者に抵抗ある人が一定数いて純愛ものよりもキャラの考えをより深く描かないと受け入れられづらいジャンルだと思うんですが、やっぱりさち先生の作品はキャラ心理もしっかり描かれていて素晴らしかった?

3Pモノは好みじゃないけど、キャラ心理、エロ充実度は高評価なので間をとって★4です✌️

さち先生の作品、全部読んだけどやっぱりコスメティック・プレイラバーが1番好きかな??今ディアプラスで連載してる『翻弄系小説家とのロマンスについて』もこれから面白くなっていきそうなので楽しみ??

シアンとイエロー

レビュー(8)件

既刊1巻

5.0

1巻まで読みました

この作品は今まで読んだ一巻完結BLで1番泣いて、心に残る作品だったかもしれません??カドカワ還元で購入したもので、"純情ロマンチカ"、"世界一初恋"で名高い中村春菊先生のお話です。一巻完結にも関わらず短編3話全てがアニメ化されていてYouTubeに fullであげられています?(公式のものでOVA?というやつです)。
.
.
正直、無料で観れる代物ではないクォリティの作品を誰でも無課金で観れるYouTubeにあげられてることに疑問をもつのですが、この作品をきっかけに春菊先生に出会えた人がいたらいいよな。と思うようにしました?
.
.
江戸・明治時代のお話でハイブリッドチャイルドという謂わゆるクローンのような人間の形をした人工知能とその主人の物語です。春菊先生特有のオムニバスストーリーで描かれており、どんどん読み進めるに従って点と点が線になった感動と、儚く切ない、でも前向きになれるような作品。一巻完結の短編なだけに、起承転結がシンプルで無駄がなく、でも、春菊先生らしいコメディさと感動的な魅せ場に【この人は天才だ!】と唸らずにはいられない?
.
.
好きすぎて、教えたくないって人も一定数いるんじゃないかと思えるクォリティです?

間違いなく自分の今年読んで良かったBLランキングTOP10に入る内容でした?

新装版 Hybrid child

レビュー(6)件

既刊1巻

4.9

15巻まで読みました

スパラヴァ〜???
全15巻(連載中)やっと読み終わりました(*´-`)
結論、すっごく面白かった!溺愛設定が好きな人はこれでもかというほど、甘々な展開なので読んで間違いなしという感じです。やはり、10年以上も続いてる名作なだけあり物語重視で、沢山の人から支持されるものってそれだけの価値はあるなと再認識。
.
兄弟で、歳の差で、男同士のふたり。世間的に見てかなり如何わしいのに一つ一つ思い悩みながらもあまり悲観的になりすぎないのがよかったかな。
.
ハル×レンの2人は基本甘い空気だけど、お互いがお互いにだけ執着していたり、無垢で山育ちのレンは日本の常識や加減がイマイチ分からなくてハルしかいない故の真っ直ぐにハルを思う切なさや行動がちょっと可哀想で痛々しい。
.
ハルはレンに過干渉で25歳ホストで男前で優しくて..完璧ってかんじなんだけど、ちょっと残念な溺愛ブラコンぶりがいいところ。レンに対しては自制がきかなくてついついレンに甘えちゃうおおきな犬。だけど、普段はしっかり働いて長男としての気質もある、家族を愛する最高の男。( ◠‿◠ )
.
.
この物語は、兄弟同士で、男同士で、犯罪的歳の差で、、複雑な家庭環境だったり、記憶喪失だったり、色々ドラマみたいな事件が多い。でもそのドラマ的展開が最高に物語をキュンキュン、ハラハラさせてくれる。
.
終始、ドキドキハラハラキューン???(←根っからのO型)って感じでした。

Super lovers

レビュー(17)件

既刊16巻

4.5

8巻まで読みました

このレビューにはネタバレを含みます。

カーストヘヴン8巻にて完結〜!
.
この漫画大好きで、自分の今年上半期好きな漫画でNO1だったりします୨♡୧
好きな漫画が終わってしまうのはいつだって悲しい?緒川先生が『ハッピーエンドです』と前々から公言していた通り大大ハッピーエンドでした✌️今までのしんどい時間をチャラにしてくれるような8巻表紙の刈梓?ずっとずっとこの2人が見たかったんだよ〜!!。°(っ°´o`°c)°。

こっからは真面目に書きます✍️
.
.
この作品のお話にはその人を取り巻くレッテルや自分自身にかせた役割があったりする。そのカーストの中で自分の立ち位置に沿った生き方をして、周りに合わせて誰かの揚げ足を取ったり、自分より下の人間を哀れむ事で自己の欲求を満たしているのかもしれない。
.
でもそれが本当に自分の幸せなのか?誰かの上に立つ事で欲求を満たしているはずなのに本当の意味で心が満たされないのはどうしてなのだろう?
.
1年生の頃キングとしてクラスを制していた梓。でもキングでいるにも関わらず梓はいつも毎日がつまらなかった。そんな梓が2年生で再度行われるカーストゲームでパシリに使っていた刈野に騙されてイジメの標的(ターゲット)にされる。刈野と梓は立場が逆転し、ターゲットになりプライドも尊厳も全てズタズタになった梓。それでも、梓に優しくしてくれるあつむや、なんだかんだ梓を守ってくれる刈野に少しずつ梓の心は満たされ、梓の人生に初めて色がついたように思いました。
.
梓にとって、本当にほしかったものは見返りのない愛情だったのかなあ。キングだった時代は周りの嘘にまみれたお世辞に飽き飽きしていた梓だからこそ、ターゲットになっても優しくしてくれる事に意味を感じたのかなと感じました。??
.
.

2年生の文化祭の時、梓は刈野と屋上に行きロケットが飛ぶか飛ばないかで賭けます。そして、「飛ぶ」に賭けた梓が賭けに勝ち、梓が喜ぶと刈野は優しい表情で梓を見つめます。その時に梓は『もっと簡単な事なのかもしれない』そう思います。(5巻あたり)
.
本当そうだと自分は思う!

カースト的立ち位置や承認欲求、自己の保身、全ては0か100で語る事はできないけど、多分、本当の意味で心を満たすという事は保身とか立ち位置とかじゃなくもっともっと、シンプルであることなんじゃないかなと思いました。
.

梓は決して刈野のような裕福で権威ある家庭でもないし、弱さをみせてはいけないと強く念じて生きてきたからこそ、身分の違いすぎる刈野と自分が、ありのままでいる事などできないと思っている。でも、

『ありのままの俺でお前に触れていたいから』
最終巻の刈野のコトバから梓は一歩前に踏み出します。

『俺は可哀想じゃない、俺の人生は不幸じゃない、ずっと探していた。この人生を肯定するたったひとつのものを』

.
これがこの作品のテーマの答えなんじゃないかなあと思いました?腐女子的感覚でみてもエロとキュンが満載で万々歳だし、物語自体は社会的、道徳的テーマがしっかりあって学ぶことも多かったです?私も修学旅行のところだいすき!
.
最後も各々のカップル、総ハッピーエンドで本当よかった〜!仙崎×巽も結ばれていてホッ?
カーストヘヴンは本誌で読んでいたのだけど、単行本は本誌で描ききれなかったラブシーンや番外編が追加されててかなり熱くなりました??久世君ドロス歌うとか萌か〜!緒川先生には本当にお疲れ様の大エールを贈りたい、7年間お疲れ様でした?

これからもずっと大好きな作品です?

カーストヘヴン

レビュー(18)件

完結・全8巻

4.3

2巻まで読みました

このレビューにはネタバレを含みます。

読了〜!
世界一初恋の原作漫画では描かれていない、副編集長・羽鳥✖️漫画家兼幼馴染・千秋のお話で、こちらは漫画ではなく上下巻の小説になってます(*´-`)?
.

セカコイの隠れメインカップルトリチアはカップルとしてばっちりハマってて本当最高?
活字苦手女なので自分から進んで小説を読む事ってあんまりないんだけど(普段は満を辞して読んでる笑)、お話も読み易かったし、なにより2人がとっても微笑ましくてロマンチックで見守る気持ちで拝んでました?
.

三角関係のお話で、春菊先生らしい千秋のドタバタコメディ感と羽鳥のキザで硬派なやりとりは笑いがとまらん?エロシーンもしっかりあって基本この2人はイチャイチャしてるし、千秋が羽鳥への気持ちをを自覚すればするほど淫乱になっていくのが手にとってわかるのでニヤニヤしちゃいます(*´꒳`*)笑
.

個人的に報われなかった当て馬ポジの優はなんでこんないい奴なのに〜〜という悔しさと優が不憫すぎてつらいという心情で身悶えしました。羽鳥が千秋を思ってたように優もずっと千秋に一途に片想いして今でも親友という形で仕事でも隣に居続けていた心情にかなり感情移入。°(っ°´o`°c)°。
.
.

描き下ろし漫画の優視点の話は、『千秋最低〜?』と笑った。千秋の無自覚は罪です?優の代わりに千秋にどついてやりたいと思っているセカコイファンが何人いることか、、、。でも、そんな千秋すらも惚れてしまった弱みでありそんな所も好きなのだという優はいい男、名前が人柄を表してて大好きです。絶対に幸せになってほしいナァ?千秋が優を選んでくれなかったのが悔しくて、そもそも親友の優と恋人の羽鳥に優劣はないんだと自分に言い聞かせるほどでした??
.
.

トリチアは原作漫画にほとんど出てこないんだけど、世界一初恋=トリチアのイメージもわりとあるようで、最近気づいたけど原作漫画のカバー裏表紙や春菊先生のあとがきには結構この2人載っててまさに隠れメインカップルという感じ?しかもアニメでは小説の内容がしっかり入ってるから凄い??あと別作品の純情ロマンチカ25巻26巻で優が伊集院先生の新しい出会い人としてでてくるので作品を越えて描かれていて、そこもこの小説(アニメ)を読んでないとわからない部分なので知る人ぞ知る感じの余白が残されているところにも感動?
.
.
BL小説って最近読み出したから全然初心者なんだけど、読んで思ったのが、喘ぎ声に頼らずエロく書ける小説家さんって凄いなって思った!小説の方がキャラの心理とか身体の状態?(笑)が文字で描かれるから漫画よりスケベじゃん!?ってちょっと思ってしまったわ??勿論、都先生のお話が素晴らしいからなのだけど✍️
.
この小説、もともとルビー文庫で1〜4巻まであったものを5年前くらいに新装版として合本にして1巻2巻にまとめてあります❣️(合本なので結構太めでサイズがB6だから文庫の時より大きいページで読める)

合本版の方が表紙の作画が好みなのと、描き下ろしが追加されてるので合本のやつがオススメ〜!でも絶版したんか?!ってくらいどこの書店にも売ってないですww KADOKAWA還元で買いたかったのにどこにもなくて中古で買いました?アニメでも同じ内容放送してるのでエロなしだけどもかなり良かった〜!トリチアは羽鳥(攻)視点の小説もあるのでお次はそっちをポストします?

世界一初恋 〜吉野千秋の場合〜

レビュー(1)件

既刊2巻

4.8

16巻まで読みました

このレビューにはネタバレを含みます。

『世界一初恋』。この作品も、商業BL界でも屈指の作品の一つだと思います?
.

基本、少女漫画脳な作品はあまり好きじゃないんだけど、春菊先生の描く漫画は筋がしっかり通ってて振り切っているので面白いです。オフィスラブということもあり、ガッツリお仕事メインで進むので漫画編集の大変さや生き甲斐、律(受)が高野(攻)を編集者として上司として尊敬する気持ちも、高野が律の仕事ぶりを認め激励するのもすごく胸が熱くなった!
.
春菊先生の漫画は結ばれそうで結ばれない、焦ったさが肝だと思う。攻めキャラと読者を生殺しにする無自覚天然律くん。曖昧ではっきりしない律くんにどついてやりたくなる事もあるけど(口悪い)、その一所懸命さ、謙虚さ、初心で可愛らしいところがどうしても嫌いになれないのです。それが一番この男のずるさ!この寸止めオチの焦ったさに自分はハマりました。
.

.
純ロマもとい、セカコイもオムニバスストーリーで、サブタイトルに〜○○(名前)の場合〜という感じで色んなキャラの恋愛模様が描かれます。自分は雪名✖️木佐のカップルが好みかな☺️✌️
.
.
オムニバスなので全キャラクターにちゃんとその人の人物像があって一人一人の人生を感じられると思います。恋が報われなくても脇役とは思わないし、色んなキャラの視点だからこそ全キャラを愛せるんじゃないかな〜☺️ 何度も読み返したいと思うほどお気に入りです。
.
.
漫画にはあんまりでないそうですが、編集者の羽鳥と羽鳥の担当漫画家兼幼馴染の吉野のカップルも小説・アニメでおすすめらしのでまた小説みたらポストします?

面白い!

世界一初恋 ~小野寺律の場合~

レビュー(37)件

既刊16巻

5.0

25巻まで読みました

このレビューにはネタバレを含みます。

全26巻読みました?
終始楽しく、ドキドキ・にんまり・ソワソワしながら楽しませて頂いた??
.
.

連載開始して約20年経つのに、時代が変わっても色褪せずに【面白い】と思える漫画は間違いなく名作だなぁと思います。ベタだけど筋が通ってる。『運命の2人』と言えるようなドラマチックさと、不器用ながらも一歩ずつ2人で問題を解決していくところ、次第に距離がどんどん近づいていくところが愛おしい作品。
.
.
秋彦(攻)の美咲を真っ直ぐに想い・愛し続ける姿勢と、美咲(受)の不器用ながらも必死に秋彦の気持ちを受け止め・伝えていく姿勢。普通だけど、当たり前にある尊さをすごく丁寧に描いてある漫画だと思いました?オムニバスストーリーでトータル4カップルくらい出てきます?どのカップルも面白いし何かしらハマるものあるんじゃないかなーと思います✌️1番はメインカプの純ロマだけど、テロが結構すきだった??
.
言いたいことがありすぎて、全部書いたら【キャプションが長すぎます】って出そうだったのでめちゃくちゃ省きました?
お次も中村春菊先生の世界一初恋読みます?

純情ロマンチカ

レビュー(38)件

既刊28巻

4.0

1巻まで読みました

みんなが沢山レビューしていて、解釈のレベル高すぎて疎遠していた作品( ´_ゝ`)自分はTwitterもほとんどみないし、藤本先生自体チェンソーマンを全部みたけどグロが好みではなかったからこの作品に無頓着でいました?ジャンプラで史上初の1日で250万回の閲覧数を突破した作品ルックバック?数が凄すぎてイマイチぴんと来てないけど、この漫画は確実に、物語の意図を"考察する漫画"。その点で色んな人が何度も見て・考えて・もう一度みる、この繰り返しが閲覧数をここまであげたんじゃないかと思いました。逆に漫画の中で答えが欲しいと思ってる人には(なんだこれ)っていう漫画になってしまうかも。
.
.

主人公の藤野は人より絵をかくのが上手い。だから学校の学年新聞で4コマ漫画を連載している。そんな藤野と四年生から同じ枠で4コマ漫画を連載する事になった不登校生京本。会ったこともない京本の卓越した画力にクラスメイトから比べられ、それが嫌で必死に藤野は努力する。だけど、ある日もう無理だと藤野は筆を折ってしまう。卒業式の日、先生にお願いされ藤野はイヤイヤ京本に卒業証書を渡しに行く。そしたら、まさか、京本は藤野の4コマ漫画の熱烈なファンで、、
.
.
えええええ、最高かよぉ!!!?
藤本タツキ先生って鼻につくようなふてぶてしいキャラとかクラスにいたらからかわれそうなタドタドしいキャラ描くの上手くないですか?上手く喋れなくて、一生懸命、思いを藤野に伝えようとする京本の心臓バクバクの心情が、セリフ・表情・吹き出し・構図いろんなところから伝わってきました?‍???この時点で、藤野に抱いていた"なんか鼻につくふてぶてしい奴"っていう第一印象から、強がっているけど芯の強い努力家。案外可愛い。というイメージになっていた??
.
.
中学生・高校生になり2人で漫画を描き少年漫画の連載まで掴んだふたり。でも、京本は藤野の背景専門のアシスタントのような存在ではなく自分で漫画を描きたいと思い、2人は別々の道を歩む事になる。藤野が自室で漫画を描きながら本棚に11巻だけが異常に並んでるシーン。訳がわからんかったけど、みんなの考察では【アニメ化が決まると、最新刊が資料的に関係各所から、送られて来たりして、複数所持したりする】らしい。
.
.
絶対わからんわwでもそれを想像することが好きな人には刺さるんだろうね?‍?
.
.
京本が事件に巻き込まれるシーン。藤本先生は"人が死ぬ"前後の、ニュースのテロップのようなそのまま剥き出した文字の残酷さが藤本先生らしくて恐ろしい。何も悪くない人がこんなにも簡単に死んでいく...。直接的な殺害じゃないシーンなのにここまで恐ろしい表現ができる漫画家はなかなかいない気がする。そして、京本は死んだ...と思いきや、え?これは、、どういうこと?藤野の妄想?なんなん?京本の死後、京本の家で悶々としていたということなのかな……。京本の家には大量の藤野の連載漫画と描きかけて送れなかったアンケートハガキ。んーーー、ここも考察ポイントポイントポイントって感じだ?‍?最後は殆どセリフなしの情景のみになります。
.
.
最後に藤野が京本の家で思い出すのは幼い頃京本と過ごした尊い日常。そして藤野はまた筆を握りしめるーーーー【完】
.
全然【完】って気持ちにならないし、なってる人世界にいないと思った。(知らんけど)
.
そもそもルックバックの意味=背中を見る
.
ってあるけど、だから藤野や京本の漫画を描く背中を映してるんだろうか?"オアシスの楽曲にルックバックという曲がありその一説も〜"いろんな説があるよね?
.
この長文をみればもうだいぶ自分がこの作品に迷走してることがわかると思うんだけど、最終的な私の考えは
.
藤野は京本に出会って、なんとなーくぬるま湯に浸かっていた【自分ってプロの漫画家なれるんじゃない?】って気持ちから挫折を味わって一度は筆を折った。でも、自分が勝てないと思っていた相手は世界で一番の自分のファンだった。筆を折るきっかけも、もう一度漫画を描きたいという原動力も京本から貰ったもの、だから、自分の漫画を描く意味の大部分に京本がいて、京本に自分の漫画を見てもらうことが藤野にとっての漫画を描く意味だったと思ってる。
.
だから、藤野は描き続ける。最愛の相棒と離れても、死んでしまっても、漫画を描くことで藤野と京本は繋がっていて・いつでも藤野の記憶の中で京本は永遠になり続けるから。そういうことかなって思います。情景からの考察とかはあんまわかんなかったけど、数年後に急にわかりだして感動したりしそうだなと思いました。【完

1巻無料

ルックバック

レビュー(1325)件

完結・全1巻

Loading ...