さくらももこさんの作品の書影

さくらももこ

ファンになる

作品数:44

Macoさん、他2人がファンになりました
ファンになる

プロフィール

さくら ももこ(1965年5月8日 - 2018年8月15日)は、日本の漫画家、エッセイスト、作詞家、脚本家。また、自身の少女時代をモデルとした代表作のコミック『ちびまる子ちゃん』の主人公の名前でもある。静岡県清水市(現・静岡市清水区)出身。血液型はA型。身長159cm。一男の母親。代表作のコミック『ちびまる子ちゃん』の単行本の売上は累計3000万部を超える。また、エッセイストとしても独特の視点と語り口で人気が高く、初期エッセイ集三部作『もものかんづめ』『さるのこしかけ』『たいのおかしら』はいずれもミリオンセラーを記録。

さくらももこの作品

一覧
『ちびまる子ちゃん』の書影

ちびまる子ちゃん

3.82

5431

発刊: 1997.5.0 ~

完結・全19巻

“さくらももこ”は小学3年生。とても小さくて女の子だから“ちびまる子ちゃん”とよばれている。そんなまる子ちゃんが、おかしな家族の人たちや学校のお友だちとくり広げる、愉快な日常絵日記コミック。

『COJI‐COJI』の書影

COJI‐COJI

3.74

1335

発刊: 2009.3.3 ~

完結・全4巻

コジコジ 1 (りぼんマスコットコミックス)

『新装版 永沢君』の書影

新装版 永沢君

3.39

1271

発刊: 2003.3.3 ~

通常版・他2作品

花輪君がクラスの女子と音楽の話をしていたのを立ち聞きした永沢君。花輪君が口にしていた「ブートレッグ」という言葉はおろか、その日本語「海賊盤」の意味さえ分からない。もちろん、いちおう親友の藤木君も知らない。「ボクたちは言葉を知らなすぎる」と危惧したふたりは、さっそく勉強のため図書館に行き、本を借りることにする。永沢君が選んだのは『若きウェルテルの悩み』、藤木君は『車輪の下』だ。しかし、案の定すぐにふたりは読書にあきてしまうが、ふと永沢君は視線を感じる。前の机に座っているかわいい女の子が、自分を見ている!? そこで永沢君は藤木君だけを帰し、ひとり図書館に残るのだが…

『ちびまる子ちゃん コミック版』の書影

ちびまる子ちゃん コミック版

3.25

791

発刊: 2003.9.5 ~

完結・全9巻

小さい「ちびまる」で女の子だから、あだ名は「ちびまる子ちゃん」。長きにわたって愛される国民的コメディマンガ、記念すべきまるちゃん初登場の第1話目から、家族を巻き込んでの夏休み宿題騒動、キザな花輪クン初登場、ドタバタな家庭訪問など、おかしさ満点の第1巻!!

『新装再編版 COJI-COJI』の書影

新装再編版 COJI-COJI

3.45

725

発刊: 2018.11.2 ~

既刊3巻

コジコジは、メルヘンの国の自由気ままな宇宙生命体。個性豊かな仲間たちと暮らす毎日はヘンな事件ばかり…?1巻にはコジコジがこの世に初めて登場したおはなし「コジコジ メルヘンストーリー」を初収録。2巻、3巻ともに、コミックス未収録の作品が読めます。シュールでキュートでなんだか深い、ナンセンスワールドへようこそ!!(全3巻)

『ちびしかくちゃん』の書影

ちびしかくちゃん

3.02

718

発刊: 2017.8.1 ~

完結・全2巻

さくらももこが描く、地味なアナザーワールド 国民的漫画『ちびまる子ちゃん』から飛び出した! さくらももこによるセルフパロディ漫画『ちびしかくちゃん』!! 「子供の世界にも人間関係がある」のは『まる子』と同じ、だけど本家よりも“何かと角が立つ"のが「しかくちゃん」… 世知辛い世間を生き抜く、「しか子」をみんなで応援しよう! 合言葉は「がんばれ、しか子!」!!!

すべて表示(44)

作品レビュー

一覧

3.6

3巻まで読みました

ちびまる子ちゃんのさくらももこの作品。
子供の頃は笑いが止まらないくらい面白かったですが、大人になって改めて読むと心打たれるシーンが多いことに気づきました。

舞台はメルヘンの国というその名の通りメルヘンの世界。
その国に住む個性的で独特なキャラクターたちの中でもひときわ謎の存在であるコジコジが主人公で、異彩を放つキャラクターとの日常を描いています。
とはいえストーリーはあってないようなもので、度々コジコジが只者ではないことを匂わすシーンはありますが、基本的にはメルヘンの国を舞台にした一話完結型の日常系マンガとなっています。

ちびまる子ちゃんもシュールでナンセンスなシーンが多いですが、コジコジはそれにもましてシュールです。
さくらももこの脳内のわけのなからない部分をそのまま抜き出したような作品と思います。アニメはタイトルに”さくらももこ劇場”という副題がついていますが、まさにそんな感じ。
キャラクターの造形は単純で、絵もきれいというわけではないのですが、毒っ気のあるキャラクター同士の掛け合いに惹かれます。

前述の通り、話の内容も希薄なのですが、コジコジの妙に哲学的で確信を突いた発言にハッとすることが度々あります。
その最たるものが、勉強をしないコジコジを叱った先生に放った、有名な以下の一言ですね。

 「コジコジだよ。コジコジは生まれたときからずーっと、将来もコジコジはコジコジだよ」

ただ、それを真似した半魚鳥の次郎君がお母さんに言われた「ずっと次郎じゃ困る」という発言もまた一つの真理ではないかと思いました。

COJI-COJI

レビュー(3)件

既刊3巻

4.0

19巻まで読みました

ちびまる子ちゃん

レビュー(67)件

完結・全19巻

3.0

19巻まで読みました

ちびまる子ちゃん

レビュー(67)件

完結・全19巻

のぶさんのアイコン

のぶ

nbhdkbys
3週間前

3.0

4巻まで読みました

COJI‐COJI

レビュー(15)件

完結・全4巻

3.0

19巻まで読みました

ちびまる子ちゃん

レビュー(67)件

完結・全19巻

3.0

19巻まで読みました

ちびまる子ちゃん

レビュー(67)件

完結・全19巻

3.0

19巻まで読みました

ちびまる子ちゃん

レビュー(67)件

完結・全19巻

すべて表示(163)

この漫画家が好きな人におすすめ

Loading ...
Loading ...