大橋裕之さんの作品の書影

大橋裕之

ファンになる

作品数:10

Hyuga Koikeさん、他2人がファンになりました
ファンになる

プロフィール

大橋 裕之(おおはし ひろゆき、1980年1月28日 - )は、日本の漫画家、俳優。愛知県蒲郡市 出身。血液型A型。

大橋裕之の作品

一覧
『シティライツ』の書影

シティライツ

3.52

935

発刊: 2011.9.5 ~

完結・全3巻

7転び7.5起き。2歩下がって2.5歩進む。ささやかすぎる人生に万歳。次々と各界クリエイター達をトリコにしちゃう、ウワサのネオ哀愁型漫画!この作者、タダモノじゃないっ!!坂本慎太郎(ex.ゆらゆら帝国)との対談記事も収録!

『遠浅の部屋』の書影

遠浅の部屋

3.49

562

発刊: 2013.5.4 ~

既刊1巻

『太郎は水になりたかった』の書影

太郎は水になりたかった

3.00

547

発刊: 2015.10.3 ~

既刊2巻

疲れてるとき、しんどい時、私はいつも大橋君の漫画を読む。――――東村アキコ 忘れてた、あの感情がよみがえる。ノスタルジック・イリュージョン。「母さん。ボクらは今、漠然とした不安の中、たしかに中学2年という季節を過ごしています。」中学2年の太郎の家にはお母さんがいません。人より少しシャイです。親友はヤスシ。同じクラスの谷村さんにこっそり想いをよせています。冴えない学生生活をおくる太郎は、それでも何かデカいことをやってやろうと… いや、やったほうがいいのか? という気持ちで生活をしていますが… 雨上がりの虹のように描かれる、誰にでも平等にあったはずの青春物語。繊細でリリカル、モラトリアムと妄想が爆発するヤングゼネレーション・コミック。トーチweb連載時の原稿を大幅加筆&修正。描き下ろし漫画とコラムも特別収録した決定版。

『音楽 完全版』の書影

音楽 完全版

3.29

497

発刊: 2019.11.1 ~

既刊1巻

2020年1月11日より劇場映画公開に先駆け あの不朽の名作「音楽」が新要素を加えて 『完全版』として発売 ! 唯一無二のセンスと圧倒的な表現力で彷徨える人たちの人生に 光を照らしてきた孤高の漫画家、大橋裕之。 2005年より自費出版にて活動の幅を広げていた大橋にとっての 初メジャー作品『音楽と漫画』(太田出版、2009年)に 収録された不朽の名作「音楽」が10年ぶりに“完全版”となって生まれ変わる。 表題作「音楽」のエピソード0となる「プロローグ」、 コラムニスト・ブルボン小林氏による作品解説、 作者本人が語る「音楽と漫画の頃」などが新たに追加された。 研二、太田、朝倉の不良学生三人組が思いつきでバンドを組み、 初期衝動に駆られるがママに楽器をかき鳴らし、 バンドライフを謳歌する青春賛歌「音楽」の他、 オリジナル版『音楽と漫画』と同様に「ラーメン」「山」「漫画」という 初期大橋裕之にとっての重要作品が収録されている。

『音楽と漫画』の書影

音楽と漫画

3.35

448

発刊: 2009.4.4 ~

既刊1巻

若者の圧倒的支持を集めるDIY漫画家大橋裕之が描くロック奇譚、ついに単行本化!!

『夏の手』の書影

夏の手

3.35

394

発刊: 2012.8.4 ~

既刊1巻

どうやら今年は夏が日本に来ないらしいよ。夏さんが来ないと、日本は夏にならないって。夏さんは今、常夏の島、ケロ島にいるんだって。夏さんが来てくれないと、夏祭りもやらないのかな。よし。みんなでケロ島に行こう。そんでもって、夏さんを日本へ連れてこようぜ!!おーー!!……うんち塗れになって遊んだあの頃。初めて異性を好きになったあの頃。親に嘘を吐き、仲間と密航を企てたあの頃。まっすぐな心が、少年たちを突き動かした。注目の漫画家が描く、少年たちの冒険。

『大橋裕之の1P』の書影

大橋裕之の1P

3.07

366

発刊: 2017.8.5 ~

既刊1巻

『ザ・サッカー』の書影

ザ・サッカー

3.26

361

発刊: 2014.4.5 ~

既刊1巻

“漫画界のファンタジスタ”大橋裕之氏、待望の新刊はスポーツをテーマにした短編集。サッカー専門誌の『フットボールサミット』(カンゼン)に掲載された表題作を中心に、『GIANTKILLINGextra』(講談社)で掲載された「町子の記憶」「爆弾」、サイゾーpremiumで描いてスポーツ界に激震が走った「オリンピック奇想譚」シリーズを加筆して収録。自伝的漫画『遠浅の部屋』(カンゼン)からの4年後を描いた描き下ろし作品「遠浅の海スポーツと私」も収録。いずれも大橋ワールド全開の摩訶不思議大冒険な作品集になっている。

『ニューオリンピック』の書影

ニューオリンピック

3.08

213

発刊: 2020.6.1 ~

既刊1巻

孤高の天才・大橋裕之の新境地舞台は世界的なスポーツの祭典!?最少の線で世界を変える・気鋭の漫画家大橋裕之が2020年、満を持して挑む最新作。いきり立つ激情を抱えた特殊アスリートたちが未知の競技「忍者サッカー」「ぐるぐる100メートル走」などで、真剣勝負で命を削り合う世紀末感漂うニュースポーツの世界。現実社会がフィクションを越えていく、現在の世界状況を予言していたかのごとく展開されていく、大橋ワールド全開のスポ根ナンセンスギャグ・サイエンスフィクション超問題作。果たして、こちらの世紀の祭典は無事開催されるのか、中止か延期か、はたまた……衝撃的過ぎるラストにあなたは何を見る!?これは、大橋裕之だけが知っている、世界の秘密についての物語。巻末に作者と山里亮太氏(南海キャンディーズ)によるスペシャル対談収録。本書収録作「ニューオリンピック」は、雑誌『季刊フットボール批評』(カンゼン)に連載された「オリンピック物語」を大幅に加筆、修正した作品です 。

『ゾッキC 大橋裕之作品集』の書影

ゾッキC 大橋裕之作品集

76

発刊: 2021.2.5 ~

既刊1巻

2021年春の劇場公開が決定した映画『ゾッキ』の原作となった『ゾッキA』『ゾッキB』の二冊に続く、孤高の天才漫画家・大橋裕之の作品集。 メジャー商業誌デビュー作『世界最古の電子楽器 静子』(2007)から、 アンダーカバーから、初めてのZINEとなる『SN』に掲載された最新作『シーン1』(2020)まで、 大橋裕之の作家活動の歴史から幅広く中編、短編作品を選定して収録。 さらに本書のために描きおろされた作品も掲載。 「摩訶不思議なのにリアル」「最少の線なのに圧倒的表現力」と評される大橋裕之作品の世界観の魅力を余すところなく伝え、その才気がほとばしる一冊となります。 巻末には、編集者として大橋裕之といくつもの作品で伴走した九龍ジョー氏が解説文を寄稿します。 【帯推薦文】 世界が嫌いになりそうな時に、 この本を読み返します テレビ東京制作局プロデューサー 佐久間宣行 【目次】 シーン1 スーパーロンリー相田くん 世界最古の電子楽器 静子 平田さん あの部屋 下駄 イモ虫女 ウォーキングドランカー酒田歩 眠り コンパクトディスクファンクラブ 再会 カメラ マスダさん [描き下ろし]傘 あとがき 初出一覧 解説 九龍ジョー

作品レビュー

一覧
サケさんのアイコン

サケ

sake
2ヶ月前

3.0

1巻まで読みました

音楽と漫画

レビュー(5)件

既刊1巻

サケさんのアイコン

サケ

sake
2ヶ月前

3.0

1巻まで読みました

夏の手

レビュー(5)件

既刊1巻

サケさんのアイコン

サケ

sake
2ヶ月前

3.0

3巻まで読みました

シティライツ

レビュー(11)件

完結・全3巻

サケさんのアイコン

サケ

sake
2ヶ月前

3.0

1巻まで読みました

遠浅の部屋

レビュー(7)件

既刊1巻

サケさんのアイコン

サケ

sake
2ヶ月前

3.0

1巻まで読みました

ザ・サッカー

レビュー(5)件

既刊1巻

サケさんのアイコン

サケ

sake
2ヶ月前

3.0

1巻まで読みました

太郎は水になりたかった

レビュー(7)件

既刊2巻

サケさんのアイコン

サケ

sake
2ヶ月前

3.0

1巻まで読みました

大橋裕之の1P

レビュー(4)件

既刊1巻

mmeさんのアイコン

mme

momon
5ヶ月前

3.0

3巻まで読みました

シティライツ

レビュー(11)件

完結・全3巻

mmeさんのアイコン

mme

momon
5ヶ月前

5.0

1巻まで読みました

夏の手

レビュー(5)件

既刊1巻

3.9

1巻まで読みました

遠浅の部屋

レビュー(7)件

既刊1巻

すべて表示(40)

この漫画家が好きな人におすすめ

Loading ...
Loading ...