作品数:245

Macoさん、他1人がファンになりました
ファンになる

プロフィール

永井 豪(ながい ごう、本名:永井 潔(ながい きよし)、1945年9月6日 - )は、日本の漫画家。石川県輪島市出身。血液型はO型。石ノ森章太郎のアシスタントを経て、1967年『目明しポリ吉』でデビュー。代表作に『ハレンチ学園』『あばしり一家』『デビルマン』『マジンガーZ』『キューティーハニー』など。少年漫画の世界に性やバイオレンスの表現を大胆に取り入れ、後続の漫画家に大きな影響を与えた。ナンセンスなギャグマンガからシリアスな劇画までシームレスにこなすという点でも異色の存在である。また1972年の『デビルマン』以降、多数のテレビアニメ作品に共同企画者・原作者として関わっている。1980年、『凄ノ王』により第4回講談社漫画賞を受賞した。1996年より1999年まで日本SF作家クラブ会長、2005年より大阪芸術大学キャラクター造形学科教授を務める。また、2009年より手塚治虫文化賞選考委員を務める。 現存する四大週刊少年誌(週刊少年ジャンプ、週刊少年マガジン、週刊少年サンデー、週刊少年チャンピオン)及び、休刊した週刊少年誌3誌(週刊ぼくらマガジン、週刊少年キング、週刊少年宝島)全てに連載経験を持つ唯一の漫画家でもある。

永井豪の作品

一覧
『凄ノ王伝説』の書影

凄ノ王伝説

1705

発刊: ~

既刊7巻

耳宇(みう)高校1年生・朱紗真悟は、中学からの片思いだった美少女・雪代小百合に誘われるまま超能力クラブに入り、部長である美剣千草、彼女と対立する天才高校生・瓜生麗と知り合う。そんなある日、雪代に誘われるまま人気の無い裏山へ行った朱紗は、気付かずに両想いであった事を彼女から告げられ、“大学を卒業したら結婚して欲しい”と言われる。しかしその直後、二人の後を尾けていた耳宇高校の不良グループ・青沼達により、朱紗は瀕死の状態まで痛めつけられ、雪代は輪姦されてしまう。 二人は瓜生達によって救出されたものの、雪代は「私を捜さないで」という置き手紙だけ残して、朱紗の元を去ってしまう。それを契機に、朱紗の超能力が本格的に発動する。彼は青沼達を血祭りに上げるなどして、町の悪に次々と挑んでいくが、それは耳宇高校を牛耳る部団連合、超能力者集団をリーダーに持つ不良グループ・不死団(ノスフェラトゥ)、そして超能力の巨人を見つけようとする外国人超能力者集団などとの戦いを招いてしまう。 戦いの末、裏で糸を引いていた瓜生の元を訪れた朱紗は、そこで瓜生に命じられるまま奴隷として働く雪代を目撃し、怒りの衝動が抑制できなくなり、超能力の怪物・凄ノ王として覚醒し、暴れ回る。やがて凄ノ王は朱紗の肉体を捨てると、邪悪なエネルギー体の怪物として、高天原(アトランテス)の民の末裔である美剣一族の操る空中戦艦・天浮舟(ラングーン)と激突。その一方で、宇宙からは巨大な生命体・八岐大蛇が地球に向かっていた。 そんな中、魔に取り憑かれた怪物と化した青沼は、無人の町を放浪する中、身一つで立ち上がった朱紗に出会うのだった。

種の存続を賭けた戦争から数十年後――大西洋上に、突如としてひとつの基地が 出現した。その基地の名はアトランティス帝国。人と獣の混合種であるアトランティスの 精鋭達は、あらゆる攻撃を防ぐオリハルコンの装甲をまとったハイビーストなる巨大兵器を 操り、瞬く間に世界を蹂躙してしまう。 一方、ゲッター線の研究を行っていた四風館博士は、ハイビーストのオリハルコンを 打ち破る方法に気付き、その能力を備えた人型兵器、ゲッターロボを開発する。 完全無欠のオリハルコンを撃ち破るその唯一の方法とは、なんと“麻雀"であった! ! !

『ランボーセンセー』の書影

ランボーセンセー

880

発刊: ~

既刊1巻

2年前まで女子校だった乙満湖学園は、女生徒の権力が圧倒的に強い。そこに、秩序を正し、男子を守るために現れた救世主(!?)江楽乱坊、人呼んでランボーセンセー!! 唯一自慢の体力で、女番ドクロ番長たちに戦いを挑むが‥‥。ぶっとび学園コメディーの決定版!!

すべて表示(245)

作品レビュー

一覧
すべて表示(68)

この漫画家が好きな人におすすめ

Loading ...
Loading ...