山中ヒコ

wikiで検索

10

並び替え:

死にたがりと雲雀

3.00

374

4

発刊:2014.05.07

完結・全5巻

お話は時代劇ほのぼの系ヒューマンドラマで、良い話が多かった。 …難を言えば、アクション場面が時々あるけど動きとデッサンがイマイチな事。細かいお芝居が雑かなーという全体の印象。お話も詰めが甘い感じがして期待してたよりも…うーん。by おおがらす (389)

王子様と灰色の日々

3.50

1126

21

発刊:2011.10.07

完結・全4巻

ボーイズラブ方面で活躍されている 山中ヒコ先生の初の少女漫画 タイトルから灰かぶり姫よろしく シンデレラストーリーなのかと 思ったら…敢えて言うなら リボンの騎士? 借金苦の父親に 風俗に 沈められそうになった JK・敦子が選んだバイトは 3ヶ月やり通せたら100万円 失踪した王子様の影武者。 その王子とは 乃木グループの御曹司・至。 彼には誰にも言えない女装の趣味があり 趣味の世界で生きるため 厳しい灰色の日々を送る家から飛び出したのでした。 他の主なメンツは 敦子が、シンデレラよろしく靴が キーアイテムになって惚れる信也 敦子を至の影武者へと仕立てあげる 教育係の遼(りょう)。 この物語は人を好きにることが 不幸だと決めつける敦子。 そして3人の王子たちが 乃木家のゴタゴタ、 複雑な人間関係の荒波に揉まれながら それぞれの 己のキラキラした 「好き」「しあわせ」と向き合うお話。 敦子は至になりきるために、 長かった髪をばっさり切り、 慣れない社交界のルールを叩き込まれ 至の知り合い全員を記憶したり 声を低くするためにタバコを吸ってみたり、 筋トレをしたり・・・ 貧乏な自分からは眩しく見えていたのに、 その実、灰色な日々に 立ち向かいます。 3ヶ月やり過ごせばいいだけなのに どうしてここまでするんだろうか… ここまで出来るんだろうか その理由が巻数を追うごとに 変化していくのがいいんですよ そして恋愛方面ですけれどね 始めにご紹介した通り、BL界の先生な上に 恰好から男女逆転してるわけでして… それはもう普通の少女漫画のようにはいかない… いや、実はものすんごく複雑に見えるけど 紐解くと王道でまっすぐな少女漫画。 その辺りのドキドキも楽しんで頂ければと思います。 自分のお気に入りキャラはこの手の豪邸モノに付き物。 至のお爺さん執事の渋沢さんですね。 この渋沢さん筆頭に至周りの人が至をどれだけ好きなんだってところにね グッとくるんですよ ※こちらのレビューはYoutubeにアップしている音読レビューを 文字起こし、修正したものです https://youtu.be/dzoH0u6B4Kcby 相田コメゾウ (104)

500年の営み

3.42

663

7

発刊:2012.07.25

既刊1巻

作品情報ページ

無理がなく綻びがないという万全の設定ではないにしても、ところどころでやけに感傷に引っ張られる感覚があった。とても長い年月を、自分もこの作品の中で過ごしたような気分になる。ちょっと他では味わえない感覚かもしれない。 500年後のアンドロイドの姿形に関する説は妙に説得力がある。D-4qpがいとおしくて仕方がない。 「がんばれよ、マルコ・ポーロ」by ぐらころ (98)

ギブズ

3.11

288

2

発刊:2012.05.30

既刊1巻

作品情報ページ

ヤクザものBL。死にかけ記憶喪失になった男と、彼をかくまい身を挺して守る男。 失われた記憶が戻った時、残酷な真相が明らかになる… この作家さんの描く男は独特のストイックな色気があります。結構酷い話なのに、最後は良さげにまとまって終われるのは、流石。by おおがらす (389)

親を亡くした高校生x彼を孤児院から引き取り育てた青年 …長年、親代わりの青年に片想いし続けている主人公。お互い相手を誰より大切に思っていた。そんな時、母親を轢き逃げした犯人は青年かもしれない、という疑惑を持つようになり… 2人の現在から始まり、過去の日々をそれはそれは丁寧にたどる。言葉の表現、心理描写が素晴らしい…胸が締め付けられた。 この作家さんの作品はいくつか読んだけどコレが最高だと思いまふ!!by おおがらす (389)

1