死にたがりと雲雀

山中ヒコ

3.27

896

発刊:2014.05.07 〜

完結・全5巻

『死にたがりと雲雀(1)』巻の書影
『死にたがりと雲雀(2)』巻の書影
『死にたがりと雲雀(3)』巻の書影
『死にたがりと雲雀(4)』巻の書影
『死にたがりと雲雀(5)』巻の書影
おおがらすさんが読んでいます

死にたがりと雲雀のあらすじストーリー紹介

時は江戸――。浪人者の朽木(くちき)が開いた寺子屋に通い始めた一人の少女・雲雀(ひばり)。 雲雀は朽木の下で、学ぶことの楽しさを感じ始めるが、ある時、2人は町内の殺人事件に巻き込まれ……!? 俊英・山中ヒコが、四季折々の江戸を舞台に描く、過去を持つ男と親のない少女の、哀しくも美しい人間模様。

死にたがりと雲雀の漫画の詳細情報

出版社
掲載誌
ジャンル
はじめての方はこちら
Loading ...