ウロボロス

神崎裕也

3.57

4917

発刊:2009.06.09 〜

完結・全24巻

『ウロボロス(1)』巻の書影
『ウロボロス(2)』巻の書影
『ウロボロス(3)』巻の書影
『ウロボロス(4)』巻の書影
『ウロボロス(5)』巻の書影
『ウロボロス(6)』巻の書影
『ウロボロス(7)』巻の書影
『ウロボロス(8)』巻の書影
『ウロボロス(9)』巻の書影
『ウロボロス(10)』巻の書影
『ウロボロス(11)』巻の書影
『ウロボロス(12)』巻の書影
『ウロボロス(13)』巻の書影
『ウロボロス(14)』巻の書影
『ウロボロス(15)』巻の書影
『ウロボロス(16)』巻の書影
『ウロボロス(17)』巻の書影
『ウロボロス(18)』巻の書影
『ウロボロス(19)』巻の書影
『ウロボロス(20)』巻の書影
『ウロボロス(21)』巻の書影
『ウロボロス(22)』巻の書影
『ウロボロス(23)』巻の書影
『ウロボロス(24)』巻の書影
ばんばんさん、他2人が読んでいます

あらすじストーリー紹介

龍崎イクオと段野竜哉は、最愛の人を亡くした15年前の事件をきっかけに、ある巨大組織に守られた男への復讐を誓う。因縁の男を探し出す為に、そして復讐を果たす為に、龍崎は刑事になり、段野は極道になった。二人が追う男が身を置く巨大な組織、それは……日本の警察機構!読む者の心を揺さぶる本格ポリス・エンターテイメント、第1巻!!

はじめての方はこちら

この漫画を読んだ人におすすめ

Loading ...
Loading ...