雄飛

作者
小山ゆう
出版社
小学館

3.02

173

2

加藤 学史、ishtalleが読んでいます

既刊16巻

発刊:2014.09.30

あらすじ・ストーリー紹介
小山ゆう新作!愛と復讐の大人気人間ドラマ 敗戦を迎えた昭和20年、満州から引き揚げる混乱の中で、ある男に母と姉を殺された雄飛。 孤児となってしまった雄飛は、彼に救いの手を差し伸べてくれた娼婦のまち子と、弟の剛士とともに生きていくことになった。 やがて17歳となった雄飛は、母と姉の仇である男への復讐心を胸に秘めながら、プロボクサーとしての道を歩んでいく… 肉親との永遠の別れ、幼なじみの少女・青葉との再会。幾人もの人との出逢いを重ねながら、戦後の混乱を激しく生きる少年・雄飛の、熱き魂のドラマ。