小山ゆう

プロフィール

ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典

小山 ゆう(こやま ゆう、本名:大竹 由次(おおたけ よしじ)、男性、1948年2月20日 - )は、日本の漫画家。静岡県小笠郡菊川町(現・菊川市)出身。

19

並び替え:

幼い頃から親しんできたマンガだけど、いつ読んでも自分の骨身に沁みてくる面白さがある。読むのをやめられない。不思議だ。ひとつにキャラの魅力があるのだろう。敵キャラも味方もみんな生き生きとして人間味がある。 でも後半の展開はちょっとマンネリだったのかな。真弓を敵キャラにして使い捨てしたのは悲しかった。by なかがわ (109)

人生を変えた漫画。幕末のこの時代に世界に負けない日本を作るために身分の垣根も気にせず奔走する姿に心を打たれます。 剣術で日本一になったにも関わらず、それでは日本を変えられないと気づき、海外の知識を得て貿易を始め、幕府要人、倒幕派要人の間を命を狙われても尚行き来し日本を変えて行く。 ソフトバンクの孫さんも尊敬する人に坂本龍馬をあげているのも納得できる。(ソフトバンクのロゴは坂本龍馬の海援隊と同じ) 日本で初の株式会社を作ったのも坂本龍馬であり、ビジネスマンとしてもとても優秀であった点も素晴らしいです。by ヒロクアサイ (237)

1

この作者に関する記事

関連記事をもっと表示 +