白暮のクロニクル

ゆうきまさみ

3.38

1041

発刊:2014.01.30 〜

完結・全11巻

『白暮のクロニクル(1)』巻の書影
『白暮のクロニクル(2)』巻の書影
『白暮のクロニクル(3)』巻の書影
『白暮のクロニクル(4)』巻の書影
『白暮のクロニクル(5)』巻の書影
『白暮のクロニクル(6)』巻の書影
『白暮のクロニクル(7)』巻の書影
『白暮のクロニクル(8)』巻の書影
『白暮のクロニクル(9)』巻の書影
『白暮のクロニクル(10)』巻の書影
『白暮のクロニクル(11)』巻の書影
Shungo Kasugaさんが読んでいます

あらすじストーリー紹介

そこは、「悲しき不老不死――オキナガ」が存在する世界。厚生労働省の新米公務員・伏木あかりが配属されたのは不死の種族「オキナガ」を管理する部署。厚労省での仕事1日目にオキナガ惨殺事件と遭遇し怪死事件を追う任務を与えられる、あかり。しかも見た目は少年、中身は88歳老人の殺人事件マニア・雪村魁とタッグを組まされ…。時を越えて生きるオキナガに起こる怪死事件、彼らの想いが紡ぐ年代記(クロニクル)。日常系×非日常ミステリーの世界へようこそ!

はじめての方はこちら

この漫画のレビュー

一覧
5.0
4.0
3.0
2.0
1.0
3.38

15件の評価

この漫画を読んだ人におすすめ

Loading ...
Loading ...