作者
曽田正人
出版社
小学館

3.46

1382

23

ALIVE、ふとる、他21人が読んでいます

完結・全11巻

発刊:----.--.--

あらすじ・ストーリー紹介
踊りの面白さに目覚めたすばるは、バレエ教室を開く真奈の母親に勧められたこともあって、バレエを本格的に習いたいと思うようになった。しかしすばるの母は「和馬がこんな時に」と取り合ってくれない。これまでの我慢が限界にきてしまったすばるは、和馬の前でつい「和馬なんていなきゃいいんだ」と口走ってしまった。数日後、和馬は必死の治療もむなしく、わずか9歳で亡くなってしまう。自分が言った一言のせいで和馬は死んだと、激しい自責の念にかられるすばる…。それから数年。場末のキャバレー「パレ・ガルニエ」のショータイムに、天才的な中学生ダンサーが現れた…。

このマンガのレビュー

12

関連するまとめリスト

1

関連記事

オススメのマンガ