狂四郎20307

徳弘正也

3.76

4399

完結・全20巻

狂四郎20307巻の表紙
ここまで読んだブックマークする
『狂四郎2030(1)』巻の書影
『狂四郎2030(2)』巻の書影
『狂四郎2030(3)』巻の書影
『狂四郎2030(4)』巻の書影
『狂四郎2030(5)』巻の書影
『狂四郎2030(6)』巻の書影
『狂四郎2030(7)』巻の書影
『狂四郎2030(8)』巻の書影
『狂四郎2030(9)』巻の書影
『狂四郎2030(10)』巻の書影
『狂四郎2030(11)』巻の書影
『狂四郎2030(12)』巻の書影
『狂四郎2030(13)』巻の書影
『狂四郎2030(14)』巻の書影
『狂四郎2030(15)』巻の書影
『狂四郎2030(16)』巻の書影
『狂四郎2030(17)』巻の書影
『狂四郎2030(18)』巻の書影
『狂四郎2030(19)』巻の書影
『狂四郎2030(20)』巻の書影

狂四郎2030(7)のあらすじストーリー紹介

西暦2030年。狂四郎は反政府軍ゲリラのアジトにいた。政府軍に洗脳されている白鳥は、傷が癒えたら脱出して、このアジトを襲うつもりでいた。だが言葉をしゃべれないマイカを愛してしまい、二人でアジトを出る。洗脳の解けた白鳥は、狂四郎と共に政府軍を討つ。

タイトルページへ
はじめての方はこちら
Loading ...