狂四郎2030

徳弘正也

3.52

3116

完結・全20巻

『狂四郎2030(1)』巻の書影
『狂四郎2030(2)』巻の書影
『狂四郎2030(3)』巻の書影
『狂四郎2030(4)』巻の書影
『狂四郎2030(5)』巻の書影
『狂四郎2030(6)』巻の書影
『狂四郎2030(7)』巻の書影
『狂四郎2030(8)』巻の書影
『狂四郎2030(9)』巻の書影
『狂四郎2030(10)』巻の書影
『狂四郎2030(11)』巻の書影
『狂四郎2030(12)』巻の書影
『狂四郎2030(13)』巻の書影
『狂四郎2030(14)』巻の書影
『狂四郎2030(15)』巻の書影
『狂四郎2030(16)』巻の書影
『狂四郎2030(17)』巻の書影
『狂四郎2030(18)』巻の書影
『狂四郎2030(19)』巻の書影
『狂四郎2030(20)』巻の書影
シンさん、他2人が読んでいます

あらすじストーリー紹介

西暦2030年。第三次世界大戦が終結して5年後の日本だ。核ミサイルによる戦争は、80%に及ぶ地球上の人間を消滅させていた。生き伸びた狂四郎は、空を警護するヘリ巡査になっていた。そんなある日、科学者の脳を移植された言葉を話す犬・バベンスキーと出会う。

この漫画の詳細情報

はじめての方はこちら

この漫画を読んだ人におすすめ

Loading ...
Loading ...