『皇帝の一人娘(1)』巻の書影
『皇帝の一人娘(2)』巻の書影
『皇帝の一人娘(3)』巻の書影
『皇帝の一人娘(4)』巻の書影
『皇帝の一人娘(5)』巻の書影
『皇帝の一人娘(6)』巻の書影
『皇帝の一人娘(7)』巻の書影
『皇帝の一人娘(8)』巻の書影
『皇帝の一人娘(9)』巻の書影
『皇帝の一人娘(10)』巻の書影
『皇帝の一人娘(11)』巻の書影
『皇帝の一人娘(12)』巻の書影
『皇帝の一人娘(13)』巻の書影
『皇帝の一人娘(14)』巻の書影
『皇帝の一人娘(15)』巻の書影

皇帝の一人娘(6)のあらすじストーリー紹介

転生先は、ツンデレ暴君の娘。 ピッコマ・comicoで大人気の新感覚ツンデレパパストーリーがフルカラーでコミックス化!! 平凡な女性として生きていた私は、二十五歳で見ず知らずの誰かに殺されてしまった。 しかし、目を覚ますと前世の記憶を持ったまま第二の人生が始まっていた!? しかも、転生先は「血の皇帝」と恐れられるアグリジェント帝国の皇帝・カイテルの娘だった。 カイテルは冷酷な暴君のはずなのに、私のことを「アリアドネ」と名付けたまなざしは優しくて――? 新感覚ツンデレパパストーリー、ここに開幕。

タイトルページへ
はじめての方はこちら
Loading ...