『皇帝の一人娘(1)』巻の書影
『皇帝の一人娘(2)』巻の書影
『皇帝の一人娘(3)』巻の書影
『皇帝の一人娘(4)』巻の書影
『皇帝の一人娘(5)』巻の書影
『皇帝の一人娘(6)』巻の書影
『皇帝の一人娘(7)』巻の書影
『皇帝の一人娘(8)』巻の書影
『皇帝の一人娘(9)』巻の書影
『皇帝の一人娘(10)』巻の書影
『皇帝の一人娘(11)』巻の書影
『皇帝の一人娘(12)』巻の書影
『皇帝の一人娘(13)』巻の書影
『皇帝の一人娘(14)』巻の書影
『皇帝の一人娘(15)』巻の書影

皇帝の一人娘(12)のあらすじストーリー紹介

アシシが皇室騎士団の主席教官になってからは会う機会が減り、寂しさを感じるリア。そんな中、フェルデルから先代の歴史においてレディー・シチェリアという人物がアグリジェントの破滅を防いだと聞き、興味を持つ。しかし、その女性は実はアシシと関係のある人物で…?一方で、リアと共に成長したヴァルとサンセも騎士としての才能を開花させるなど一層美しく成長したリアを中心に、目まぐるしい変化が盛りだくさんの第12巻!!

タイトルページへ
はじめての方はこちら
Loading ...