『皇帝の一人娘(1)』巻の書影
『皇帝の一人娘(2)』巻の書影
『皇帝の一人娘(3)』巻の書影
『皇帝の一人娘(4)』巻の書影
『皇帝の一人娘(5)』巻の書影
『皇帝の一人娘(6)』巻の書影
『皇帝の一人娘(7)』巻の書影
『皇帝の一人娘(8)』巻の書影
『皇帝の一人娘(9)』巻の書影
『皇帝の一人娘(10)』巻の書影
『皇帝の一人娘(11)』巻の書影
『皇帝の一人娘(12)』巻の書影
『皇帝の一人娘(13)』巻の書影
『皇帝の一人娘(14)』巻の書影
『皇帝の一人娘(15)』巻の書影

皇帝の一人娘(15)のあらすじストーリー紹介

リアを誘拐したのは、あの第6皇子・シオルンだった。幼少時に起きた事件の黒幕が彼だったことを知り、憤るリア。しかしそれを凌駕するシオルンのカイテルへの怒りを前に、何も言えないまま地下に投獄されてしまう。そんな中、突然リアを助けに来たのは、なんとあの人で──?運命の分かれ道、激動の第15巻!

タイトルページへ
はじめての方はこちら
Loading ...