神の雫

オキモト・シュウ亜樹直

3.26

2506

発刊:2005.03.23 〜

完結・全43巻

『神の雫(1)』巻の書影
『神の雫(2)』巻の書影
『神の雫(3)』巻の書影
『神の雫(4)』巻の書影
『神の雫(5)』巻の書影
『神の雫(6)』巻の書影
『神の雫(7)』巻の書影
『神の雫(8)』巻の書影
『神の雫(9)』巻の書影
『神の雫(10)』巻の書影
『神の雫(11)』巻の書影
『神の雫(12)』巻の書影
『神の雫(13)』巻の書影
『神の雫(14)』巻の書影
『神の雫(15)』巻の書影
『神の雫(16)』巻の書影
『神の雫(17)』巻の書影
『神の雫(18)』巻の書影
『神の雫(19)』巻の書影
『神の雫(20)』巻の書影
『神の雫(21)』巻の書影
『神の雫(22)』巻の書影
『神の雫(23)』巻の書影
『神の雫(24)』巻の書影
『神の雫(25)』巻の書影
『神の雫(26)』巻の書影
『神の雫(27)』巻の書影
『神の雫(28)』巻の書影
『神の雫(29)』巻の書影
『神の雫(30)』巻の書影
『神の雫(31)』巻の書影
『神の雫(32)』巻の書影
『神の雫(33)』巻の書影
『神の雫(35)』巻の書影
『神の雫(36)』巻の書影
『神の雫(37)』巻の書影
『神の雫(38)』巻の書影
『神の雫(39)』巻の書影
『神の雫(40)』巻の書影
『神の雫(41)』巻の書影
『神の雫(42)』巻の書影
『神の雫(43)』巻の書影
『神の雫(44)』巻の書影
Hmさん、他1人が読んでいます

あらすじストーリー紹介

ソムリエ見習いの紫野原(しのはら)みやびは、知ったかぶりのお客の間違いを指摘し、その客を怒らせてしまった。しかし、その客の連れとして来ていた神咲雫(かんざき・しずく)のみごとなデキャンタージュによって救われる。実は彼は世界的に有名なワイン評論家、神咲豊多香(かんざき・ゆたか)の息子であった――。神の気まぐれが生み落とした“一本のワイン”を巡る、罪深き人間たちの物語が始まる。

この漫画の詳細情報

はじめての方はこちら

この漫画を読んだ人におすすめ

Loading ...
Loading ...