ハルタ

wikiで検索

14

並び替え:

表紙買い、衝動買いをする事が多いので、散財を抑えるためにどんなに面白そうに見えても1巻だけ購入してじっくり考えるようにしているのだけど、この作品は居ても立っても居られずに1巻を買ったその日のうちに2巻を買いに本屋をはしごした この漫画も帯が捨てられないお気に入り作品の仲間入りを果たした 「絵が上手いな〜」とか「ストーリーに引き込まれるな〜」とか、そんな感想が漏れる作品はまあまあ好きで、それ以上(ここでいうと評価4以上をつけてる作品)となると心を突き動かされる何かを感じられるか、を重視している アイスランドに対して何の興味も知識も無かったけれど、一生に一度でいいから行ってみたいと思わせてくれた モノと会話が出来たらどんなに楽しいだろうと夢を見させてくれた それだけでお金を払った価値がある 読み始めた頃は「この作品は一体どこに着地するんだろ?2、3巻で完結する感じかな?まぁいいや絵が綺麗だし アイスランド行きて〜〜!」なんて呑気な事を考えていたけれど、ミステリ方面へ展開してきて今後も目が離せないby F (71)

釣り自体には詳しいわけではなく表紙の絵柄で購入 話のテンポはサクサクと進みキャラが生き生きとやりたいようにやっているのが読みやすかった。 ただ、メインが小学生というのもありなかなかにコアな部類な気がする 2巻でこれからいろいろと話が広がりそうだったのに完結に少し残念by ヤクモ (20)

A子さんは自分の中のモヤモヤを言葉にするのに時間がかかるけど、実際A太郎より勘が鋭い人だと思います。ふたりはともにアーティストタイプで、A君は頭も良いけどすごく人間味溢れる人。A子さんにとって彼らはどちらもそれぞれ「同志」なのでは。答えはすでに彼女の中にモヤっとあるんだと思う。by ふろしき (13)

1