峠鬼

鶴淵けんじ

3.45

1436

発刊:2019.08.10 〜

既刊4巻

『峠鬼(1)』巻の書影
『峠鬼(2)』巻の書影
『峠鬼(3)』巻の書影
『峠鬼(4)』巻の書影
せーふぁさんが読んでいます

あらすじストーリー紹介

少女は運命を乗り越え、神々と対峙する――。古代倭国ファンタジー、開幕! 遥か昔の倭の国の、神代と人世のその間。神々が人間と共存していた時代。 村を司る神・切風孫命神への生贄に選ばれた少女・妙(みよ)は、避けられぬ死に怯えていた。 しかし、神と相対し対話する異能を持つ道士・小角(おづの)との出会いが、彼女を窮地から救い出す……! みなしごの少女と、壮麗の道士、そして鬼の少年。時代や次元さえも超越した、神々を巡る旅が始まる! 俊英・鶴淵けんじが、古代神話にファンタジーやSFの視点を加えて描き出す、全く新しい“古代日本”像。

この漫画の詳細情報

はじめての方はこちら

この漫画を読んだ人におすすめ

Loading ...
Loading ...