石塚真一さんの作品の書影

石塚真一

ファンになる

作品数:9

sosuke_mさん、他2人がファンになりました
ファンになる

プロフィール

石塚 真一(いしづか しんいち、1971年 - )は、日本の漫画家。茨城県出身。

石塚真一の作品

一覧
『BLUE GIANT』の書影

BLUE GIANT

4.37

29850

発刊: 2013.10.5 ~

完結・全10巻

『岳』の石塚真一、最新渾身作!! ジャズに心打たれた高校3年生の宮本 大は、 川原でサックスを独り吹き続けている。 雨の日も猛暑の日も毎日毎晩、何年も。 「世界一のジャズプレーヤーになる…!!」 努力、才能、信念、環境、運…何が必要なのか。 無謀とも言える目標に、真摯に正面から向かい合う物語は 仙台、広瀬川から始まる。

大は世界へ!! 欧州編開幕!! 止まるわけにはいかない宮本大は、 単身ヨーロッパに渡る。 降り立ったのはドイツ・ミュンヘン。 伝手も知人もなく、ドイツ語も知らず、 テナーサックスと強い志があるだけだ。 「世界一のジャズプレーヤーになる・・・!!」 練習できる場を探すところから始まる挑戦。 大の音は、欧州でも響くのかーーー

『岳』の書影

3.81

8732

発刊: 2005.3.2 ~

完結・全18巻

楽しいはずの山。けれど危険に遭遇することもある…。山を愛する人すべてに捧ぐ、山岳救助物語!! ビッグコミックオリジナル本誌に掲載された読み切りが好評だったため、増刊で連載開始となった石塚氏の出世作。大自然のなかで繰り広げられる感動の山岳救助物語が、ついに単行本化!!

『BLUE GIANT EXPLORER』の書影

BLUE GIANT EXPLORER

4.05

5482

発刊: 2020.9.5 ~

既刊2巻

舞台はジャズの聖地へ!アメリカ編開幕!!「世界一のジャズプレーヤーになる」日本で運転免許を取得し、テナーサックスだけを手に、アメリカに旅立つ宮本大。その耳に飛び込んできたのは、かつての仲間・雪祈もアメリカにいるという情報――――大が降り立つ地は、西海岸のシアトル。全米の街と土地と人を知り、新しい音を生み出そうとする大の実験的冒険が始まる…!!

『岳傑作集』の書影

岳傑作集

3.41

619

発刊: 2013.5.5 ~

既刊1巻

『そんでよし!』の書影

そんでよし!

3.15

574

発刊: 2011.3.4 ~

既刊1巻

◆内容◆東京下町、当たらないと評判の占い師・肘肩梅ノ介、通称ウメさんが、街の人々の悩みに体当たりで挑むハートフル・コメディー。恋の悩みから、迷子のペット捜索まで、どんなことでも親身になって相談に乗ります。姓名判断あり、ダウジングあり、当たるも八卦、当たらぬも八卦、信じるものは救われる? 読めば心が軽くなる、元気になる、石塚真一の真骨頂 ◆収録話◆『時を埋める人』妻に先立たれて五年。抜け殻のように余生を送る老人に、梅ノ介が授けたトンデモないアドバイスとは? 『はめられた人』振り込め詐欺の被害に遭ったおばあさんが相談に訪れた。警察と協力して捜査に乗り出す梅ノ介だが…!? 『怒れる人』会社の上司にコキ使われてストレスをためていたOLさん。梅ノ介が紹介したボクシングジムで意外な才能を発揮!? ………など、オリジナル増刊号で大好評の『そんでよし!』7話に加え、月刊スピリッツに掲載された読み切り『STRAIGHT NO CHASER』も特別収録。

『TOKYO CHECK IN』の書影

TOKYO CHECK IN

3.00

518

発刊: 2009.1.5 ~

完結・全1巻

▼そんでよし! ▼東京チェックイン第1話/旅 ▼東京チェックイン第2話/宿 ▼東京チェックイン第3話/食 ▼東京チェックイン第4話/会社 ▼東京チェックイン第5話/職人 ▼東京チェックイン第6話/母 ▼東京チェックイン第7話/祈り ▼This First Step ▼おまけマンガ ●あらすじ/世界中を旅してまわる、いわゆるバックパッカーの青年・渡。いろいろな人と出会い、さまざまな文化に触れ、未知の土地を体験していくことに魅了され、当初1年間の予定だった旅は4年目を迎えていた。そんな渡が旅に出た理由は、東京の雑踏のなか、ガイドブック片手にひとり佇む外国人旅行者の淋しそうな姿を見ても、何もできなかった自分を変えるためだった… (東京チェックイン第1話)。 ●本巻の特徴/第54回小学館漫画賞一般向け部門受賞作『岳 みんなの山』の作者による初の傑作短編集。2005年にビッグオリジナル本誌で短期連載されていた「東京チェックイン」の他、新人コミック大賞入選作「This First Step」、増刊号掲載作「そんでよし!」を収録。

作品レビュー

一覧

3.0

1巻まで読みました

2巻の途中まで

BLUE GIANT

レビュー(479)件

完結・全10巻

4.9

11巻まで読みました

前作「BLUE GIANT」の直接の続編です。
前作で大にサックスの技術を伝えた、大の師匠・由井が、アメリカを除いた場合にJazzを学ぶのにおすすめの国として上げていたドイツ。
右も左も分からない、言葉も通じない彼の地で、No.1 Sax Playerになるため、大が単身ドイツに降り立つ展開です。

前作の続編なので、「BLUE GIANT」を先に読んでいることをおすすめしますが、一応、本作からでも話についていけます。
端的に言えば、日本からやってきたべらぼうにうまいサックス・プレイヤーが、無謀にもサックス一本かばんに詰めて、一人ドイツに降り立つという内容で、資金も乏しく、言葉も通じないので練習すらも場所が見つからない試練的な状況の中、国と人種と多国的な言語が混じりあうヨーロッパでベース、ピアノ、ドラム、と少しずつ仲間を集め、やがてヨーロッパ中の人々の胸を震わせる物語となっています。

前作を読んでいれば本作も読んでいただきたい、前作を読んでいなければ、前作から是非読んでほしいと思います。
登場人物のおじさん率が高く、可愛い女の子は出てこない、ファンタジー要素のない、魔法も転生もバトルロワイヤルもないですが、"とにかくすごい"です。
そうとしか表現の仕様がないのが悔しいところですが。
異文化に放り出された大が、それでも自分を、自分のサックスを信じて吹き続けることで、少しずつ大きな場所で多くの人を魅了させていく。
どんな状況においても大は決して折れないのですが、それは自分のサックスを信じているのだろうと思いました。
そしてそれはここまでの経験と、その根底にあるサックスが心底好きであるということなのかなと思います。
流石に今自分がそれだけを想い続ける何某かを見つけることは難しいですが、何かをやって貫いてみたいと思わせる、力のようなものを読んで感じ取りました。

ストーリー漫画としてとてもおもしろかったです。
一点、仕方ないところですが、詰まってしまった大の元には都合よく次々と彼を助ける善人が現れ、窮地を救います。
それが少し、都合が良すぎる感じを受けました。
とはいえ、いくら腕がいいからといって紹介もなしで見知らぬ土地でひとりやっていけるわけもなく、こういうドラマ的な展開は私的にはありかなと思います。

"SUPREME"は全11巻。完結ではなく、話は"EXPLORER"に続きます。
現在連載中で、現時点で十分話題作ですが、完結した時は日本中で話題になると思っています。

BLUE GIANT SUPREME ブルージャイアント シュプリーム

レビュー(317)件

完結・全11巻

Ikuruさんのアイコン

Ikuru

kzkanae
2ヶ月前

3.3

ジャスバーへ行きたい

名作

BLUE GIANT SUPREME ブルージャイアント シュプリーム

レビュー(317)件

完結・全11巻

5.0

10巻まで読みました

ジャズ・サックスのプレイヤーを目指す若人が主人公の作品。
高校生の宮本大は、ある日ジャズに触れ、そしてライブハウスで聞いたジャズ演奏を目の当たりにし、世界一のジャズ・サックス奏者になることを決心する。

本作については「騙されたと思って、一巻だけでいいから読んで見てください」につきると思います。
浦沢直樹ライクな画風と、ジャズをテーマとしている渋い内容に敬遠してしまいがちで、実際、私もいまいち食指が動かなかったのですが、あまりにもネット上の評判が良いので、少なくとも駄作ではないと思って読み始めてみました。
これがもう凄いのなんのって、ここまで続きが読みたくなった漫画にも久しぶりに出会いました。

宮本大がサックス奏者として躍進する様を描いた作品と一言で言うとそうなのですが、高校生からサックスを始めて一朝一夕に、ジャズのプロとして食っていけるようになるわけもなく、序盤、主人公は河川敷で一日も欠かさず練習を続けます。
仙台という厳しい土地にも関わらず、大雪が降っても、真夏でも、ひたすら練習を続ける、その様がまずは常軌を逸しています。
「一日も欠かさず練習をする」こと自体は他の漫画でも見られる描写ですが、実際やってみろと言われるとかなりきつい。
宮本大はそれを誰に強制されるわけでもなく、“自分のために”やるんです。
その描写に、心打たれます。果たしてここまで打ち込んだ何かが自分にあったかと問いかけてくるかのようで。
そして読み終える頃には、宮本大のファンになって応援していることとなると思います。

ジャズをテーマにしている漫画なので当然演奏のシーンも多々あるのですが、月並みな感想ですが、音が聞こえてくるようでした。
演奏中は基本的に擬音語は書かれないスタイルですが、演奏の迫力、汗、周囲の反応、息継ぎや指使いの描写に優れていて、セリフも擬音語も無いページが数ページ続くこともあるのですが、不思議に騒がしく感じます。
そして決まってそういうページでは涙腺が緩みました。

中盤に差し掛かる前辺りから舞台を仙台から東京に移し、自信家のピアニスト沢辺雪祈と、高校生からの同級生だった玉田俊二をドラマーに引き込みトリオを組みます。私的には玉田が特に好きなキャラです。
玉田は進学のために上京していたところを、住み場所のない大に押しかけられるという役どころだったのが、大と雪祈に感化されてドラムを始めるます。つまりメンバーで唯一のただの素人なのですが、必死に練習し大と雪祈の演奏に追いつくようになります。
正直勇気づけられます。天才でもない、積み重なった努力もない、そんな今の自分にもこれから頑張れば何かできるのかもしれない、そんな気にさせてくれるキャラです。

全10巻ただし、10巻で完結せず、続編「BLUE GIANT SUPREME」に続く終わり方になっています。
実際のところ本作は羽ばたくまでの序章にすぎない内容だと思います。「BLUE GIANT SUPREME」も注目です。

BLUE GIANT

レビュー(479)件

完結・全10巻

ikeさんのアイコン

ike

ikeda8121
4ヶ月前

4.0

11巻まで読みました

2021.2.28

BLUE GIANT SUPREME ブルージャイアント シュプリーム

レビュー(317)件

完結・全11巻

すべて表示(1050)

この漫画家が好きな人におすすめ

Loading ...
Loading ...