佐原ミズさんの作品の書影

佐原ミズ

ファンになる

作品数:10

りんじんさん、他2人がファンになりました
ファンになる

プロフィール

佐原 ミズ(さはら ミズ、12月25日-)は、日本の女性漫画家・イラストレーター。神奈川県出身。血液型A型。2004年にほしのこえでデビューしたと紹介されているが、本名義での商業誌デビューは2002年の月刊アフタヌーンである。別名義として、夢花李、佐原恵太がある。

佐原ミズの作品

一覧
『鉄楽レトラ』の書影

鉄楽レトラ

3.67

2818

発刊: 2011.9.3 ~

完結・全6巻

『マイガール』の佐原ミズ最新作! かつて夢をなくした少年と少女。 光と影は再び出会い 今までと違う“明日”を紡いでいく――

『ほしのこえ』の書影

ほしのこえ

3.34

1981

発刊: 2005.1.2 ~

完結・全1巻

長峰(ながみね)ミカコと寺尾(てらお)ノボルは同じ高校を目指す中学3年生。受験を控えたその夏、ミカコはふいに国連宇宙軍に選抜され宇宙に行く事を、ノボルに告げる。ミカコの最終的な目的地は太陽系外縁部。宇宙と地上で連絡をとりあうふたり。しかし、人類が初めて体験する距離は、ふたりの時間や心を、決定的に隔ててゆく……。アニメーション『ほしのこえ』をコミカライズ!

『マイガール』の書影

マイガール

3.72

1887

発刊: 2007.3.1 ~

完結・全5巻

平々凡々とした毎日を送る青年・笠間正宗のもとに、恋人の訃報と一緒にやって来たのは、コハルと名乗る幼い女の子。少女は、亡き恋人の陽子が残していった5歳になる彼の娘だった。ずっと自分に娘がいると知らないでいた正宗は事実に戸惑う。しかし母親が好きだった正宗といたいと願うコハルの純粋な気持ちに触れ、一緒に暮らすことを決意する。そして、大切な人を失った親子の、昨日と違った小さな新生活は始まる――。

『私と私』の書影

私と私

3.70

1410

発刊: 2018.0.6 ~

既刊1巻

「要らないと思っていた私の世界は、美しくおだやかだ…」 不細工で変わり者の美和と完璧な美少女・実和。同じ名前で容姿も性格も正反対――。 “もうひとりの自分”に出会った時、少女たちは本当の自分を知る…。(「私と私」前後編)他、 自転車のサドル泥棒と出会った女子高生の切なすぎる秘密を描いた「箱庭の虜」などを収録。 儚く切ない傑作短篇集。

『夜さん』の書影

夜さん

3.47

803

発刊: 2012.10.2 ~

完結・全2巻

これは僕の温かで不思議な災難――。とある田舎の中学校――。臨時美術教師としてやってきた鶴田夜は、人には言えないちょっと不思議な力を持っている。彼女の力を目の当たりにしてしまった事をきっかけに中学生・晨は夜さんに日々翻弄されていくのだが…。

『バス走る。』の書影

バス走る。

3.39

699

発刊: 2018.10.2 ~

既刊1巻

願いを叶える空の飛行機。桜の季節に交わした約束。 伝えられなかったひと言…。繰り返す毎日の中をバスは走る、乗せたヒトの数だけ「想い」や「願い」を運び、始まりを届ける―――。 稀代のストーリーテラー・佐原ミズの透き通るほどに純粋な傑作恋愛オムニバスが、新たに描き下されたエピソードを加えて新装版で登場!!

『神様のジョーカー』の書影

神様のジョーカー

3.07

672

発刊: 2015.10.5 ~

完結・全3巻

平凡な男子大学生・緒方希和(おがた・きわ)。就活もうまくいかないし、年上の彼女・茉洋(まひろ)には叱られてばかり。そんな希和には、一つだけ誰にも言えない秘密がある。――それは「願いを叶える力」を持っていること。けれどそれは代償が伴う危うい力。しかし、その力の存在を茉洋に打ち明けたことで、二人の運命の歯車は徐々に狂いだす――。

『バス走る。』の書影

バス走る。

3.48

670

発刊: 2007.5.5 ~

既刊1巻

乗せたヒトの数だけ、「想い」や「願い」を運んでる──。バス停から切り取られた、淡くて優しい恋模様。『バス走る。』ファン待望の単行本化!本誌未掲載のエピソードに加え、傑作短編を2本収録♪

日本が誇る名門、烏丸家の27代当主となった花穎(18歳)を待ち受けていたのは見知らぬ顔の若き執事。息の合わない二人の前に次々と起こる事件の数々。二人の息は、次第に合ってくる…の…か! ?

作品レビュー

一覧
ゆずさんのアイコン

ゆず

yogibooo
4週間前

3.0

2巻まで読みました

うーん・・・

鉄楽レトラ

レビュー(46)件

完結・全6巻

すべて表示(182)

この漫画家が好きな人におすすめ

Loading ...
Loading ...