モリエサトシ

ohimaru、matsuo、他1人がファンになりました。

プロフィール

ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典

モリエ サトシ(7月17日 - )は、日本の漫画家。石川県出身。白泉社の漫画雑誌、『花とゆめ』・『ザ花とゆめ』にて主に作品を発表している。また、『コミックテクノ』(デリーターという漫画画材の販売会社が編集・発行していた雑誌)Vol.117誌上にて、山金ジョータ名義で「花と恋泥棒」という4ページ短編漫画が掲載されたことがある。「空もよう」で第249回HMC努力賞受賞。「オモヒユリ」で第38回BC賞佳作受賞。同じ白泉社の漫画雑誌『LaLa』の作家陣の一員である高木しげよしとは双子の姉妹である。講談社の漫画雑誌『BE・LOVE』2018年23号より、「私の正しいお兄ちゃん」を連載中。

15

並び替え:

正統派サスペンス。幼い頃生き分かれた兄と再会し、一緒に暮らす事を心の支えに頑張る主人公。バイト先の同僚の男性はどこか兄に似て、お互い距離を縮めていくが、彼の重大な秘密を知ってしまい… シンプルで綺麗な絵、そしてスピーディーな展開!激しく複雑な主人公の心の動きにも無理なく感情移入できる、作者の腕の冴え。 3巻…めっっっちゃイイとこで終わってるし!!続きはよ!!!by おおがらす (385)

読むものを狂わせる物語と、それが分かっていながら書くのを辞められない、誰より孤独な美しき作家。 …ミステリ部分は面白い。ヒロインとの関係に恋愛を持ち込まず、もっと謎解きにフォーカスして欲しかった。 女性漫画では無理なのかなぁ。 現実のイケメン作家にも、似たような苦労はあるのかもと思った。by おおがらす (385)

星空のカラス

3.09

667

12

発刊:2013.02.20

完結・全8巻

※こちらのレビュー文はYouTubeで音読したものの 文字起こしになります https://youtu.be/7MVUIv2hUwU 本日ご紹介するのは 囲碁マンガです え? ヒカルの碁? いえいえ…ヒカ碁も言うまでもなく 傑作で大好きですけどね。違うんですよ こちらは少女漫画史上 初めて囲碁を題材にした キュンキュンしちゃう傑作ラブコメ。 おじいちゃんに教わった囲碁。 そのプロを目指す13歳…に見えない大人びた容姿の中学生 見た目は大人 中身は子供 黒髪ロングが特徴の烏丸和歌(からすま・わか) 彼女は独創的な碁を打ち 「相手に最も響く一手」を追及する子。 そしてそんな和歌が 一手を最も響かせたいお相手は 既に名人リーグ入りを果たしているプロで 4歳年上の17歳 ツンツンツンツンツンデレ師匠の鷺坂総司(さぎさか・そうじ) そう13歳と17歳。 このふたりの年の差 師弟ラブコメ。 この作品の一番の魅力は表情、ですね。 うん、実はもう表紙の和歌ちゃんのリンとした顔に ジャケ買いしたんですけど 大正解でした 特に碁を打ってる時のね ゾクゾクするような鬼気迫る顔がねぇ え?あれ?あの…女の子ですよね…?って顔が いいんですよ 囲碁のルールはヒカ碁で なんとなーくざっくりと知ってる… いやこれ知ってるって言ったら ダメなレベルの自分ですけど この漫画、囲碁を題材にしてるんですけど ほとんど説明がないんです なのに面白い。 碁が全然わからなくても面白い。伝わってくる。 これはほんと、凄いことですよ。 いや一応、碁がわかんないって子も配置して もちろんきちっと監修の方もついてますし ざっくり入門編的な説明はあるんですけれど・・・ そしてコミックスのおまけの1/4スペースで もうちょっと碁については詳しくやってて そっちでも 教え子と先生のスピンオフラブコメが展開してるんで 最高なんですけれど おいといて。 本編の方。この漫画の恋愛以外の部分も魅力的で 囲碁に関わる人たち。その人間ドラマを 色濃く熱く描いているんですよね。 だからね、さっき言った表情が良いってのが 最高に活きてくる。 あの 性格や生き様って 囲碁の打ち方に出るんだそうです。 たとえば主人公の和歌はどんな石も捨てられない子。 ぜんぶ守り切りたい。だから弱い。 けど、だから 強い。 守りたいものがある。進みたい道がある。 親には碁は反対されている。 それでも大好きな師匠と打ちたい。 そんなまっすぐな、まっすぐすぎる想いがイキイキと 瑞々しく描かれていて 何度も言いますが囲碁ぜんぜんわからなくて読んでるのに 対局の描写に心が躍るんです。命を削るようなやりとりに、 その気迫に圧倒されて燃えるんです。 そして恋愛としては、そんな主人公の和歌を 好きになっちゃう子がぞろぞろ出てきます はじめに名前を出した 囲碁以外の私生活が ダメ人間すぎるツンデレ師匠・鷺坂総司を筆頭に 和歌と関わりたいがためだけに 囲碁をやっているヤンデレ幼馴染など 個性豊かな面々が登場します。 もちろん和歌への想いだけでなく それぞれのキャラクターの囲碁への関わり方が みんな違って、みんな良い。 それぞれに 違った魅力的なドラマがあります。 そしてね、これ1巻もいいんですが 2巻から爆発的に面白くなるんですよ 巻数が進むごとに尻上がりに面白くなっていくので ぜひね、2巻までは読んで頂きたい作品ですね by 相田コメゾウ (102)

1

この作者に関する記事

関連記事をもっと表示 +