福本伸行さんの作品の書影

福本伸行

ファンになる

作品数:33

Shintaro Hirashimaさん、他2人がファンになりました
ファンになる

プロフィール

福本 伸行(ふくもと のぶゆき、1958年12月10日 - )は、日本の漫画家・漫画原作者。神奈川県横須賀市出身。右利き。既婚。かざま鋭二のアシスタントを経て、1980年『月刊少年チャンピオン』(秋田書店)連載の『よろしく純情大将』でデビュー。主な作品に『賭博黙示録カイジ』、『アカギ 〜闇に降り立った天才〜』、『銀と金』、『天 天和通りの快男児』などがある。1998年に『賭博黙示録カイジ』で第22回講談社漫画賞受賞。

福本伸行の作品

一覧
『賭博黙示録カイジ』の書影

賭博黙示録カイジ

3.87

16789

発刊: 1996.8.2 ~

完結・全13巻

「限定ジャンケン」「電流鉄骨渡り」「Eカード」――。前代未聞の方法でくりひろげられる人間総力戦、修羅場勝負の数々。これがギャンブルだ! おまえたちは、負け続けてきたから、貧窮し、ウジウジと、人生の底辺を、這って這って這って、這っているのだ……!限定ジャンケン……!限定と聞いて、すぐ、ある予感が走った。この勝負、運否天賦じゃない。おそらくは愚図が堕ちていく。勝つのは、智略走り、他人出し抜ける者……!

地の獄・・! 底の底・・! 帝愛地下労働施設・・! 劣悪な環境である地下にいながら「1日外出券」を使い、地上で贅の限りを尽くす男がいた・・!その名は大槻・・!E班・班長にして、1日を楽しみ尽くす匠・・!飲んで食って大満喫・・!のたり楽しむ大槻を描く、飯テロ・スピンオフ

『賭博破戒録カイジ』の書影

賭博破戒録カイジ

3.82

11704

発刊: 2000.10.3 ~

完結・全13巻

ギャンブル漫画の金字塔「カイジ」新シリーズ刊行開始!黙示録から破戒録へ。 気が付けばオレは地の獄。どこかわからぬ地中の底の底、亡者巣喰う強制労働施設にいた……! 世の中は利用する側とされる側……その2種類しかいないのだ……!問題はその当たり前にいつ気が付くかだ……

『中間管理録 トネガワ』の書影

中間管理録 トネガワ

3.64

9744

発刊: 2015.11.5 ~

完結・全10巻

帝愛グループ会長・兵藤和尊の命で、債務者たちによる「死のゲーム」の企画を任された幹部・利根川幸雄!! 早速、企画会議を開く利根川を待っていたのは、受難‥!! 煩悶‥!! そして絶望‥!! 会長と黒服の間で苦悩する利根川を描く、悪魔的スピンオフ、始動・・・・!!

『賭博堕天録 カイジ』の書影

賭博堕天録 カイジ

3.64

9579

発刊: 2004.10.5 ~

完結・全13巻

裏カジノでのパチンコ大決戦に勝利したカイジだが、手元には金がほとんど残らず、大決戦で手を組んだ坂崎の家に居候していた。ここも居づらくなってきたとき、地下の強制労働施設から救ってやった二人が訪ねてきた。彼らは今、ある裏カジノで働いているが、そこの社長のイカサマ賭博に付き合わされ、スッテンテンになってしまった。カイジにその仇討ちをしてほしいというのだ。

『アカギ 闇に降り立った天才』の書影

アカギ 闇に降り立った天才

3.68

8300

発刊: 1992.3.5 ~

完結・全36巻

ククク・・・狂気の沙汰ほど面白い・・・!麻雀漫画「天」に敵として味方として登場し、主役を喰うほどの絶大な人気を誇った福本作品最大のヒーロー・赤木しげるの若かりし頃を描いた作品。麻雀を知らない人が読んでも勝負漫画として楽しめてしまう濃厚な心理戦、運に依らない純然たる「理」の闘牌、人間の本質を暴きだす激ヤバな福本節の数々、欲望と保身から最も遠い世界を往く狂人・アカギの圧倒的カリスマ性等々、語りつくせぬ中毒性!駆け巡る脳内物質っ・・・!

極悪社長との変則二人麻雀「17歩」勝負を制し、4億8千万もの大金を獲得したカイジ! その勝負の余韻も冷めやらぬ中、帝愛グループの会長である兵藤和尊の息子・和也から、勝負を持ちかけられた! 激戦必至の黄金カード!! いくぜ、今宵、もう一勝負!!!

『賭博堕天録カイジ 和也編』の書影

賭博堕天録カイジ 和也編

3.36

5365

発刊: 2009.9.2 ~

既刊10巻

極悪社長との変則二人麻雀「17歩」勝負を制し、4億8千万もの大金を獲得したカイジ! その勝負の余韻も冷めやらぬ中、帝愛グループの会長である兵藤和尊の息子・和也から、勝負を持ちかけられた! 激戦必至の黄金カード!! いくぜ、今宵、もう一勝負!!!

『銀と金』の書影

銀と金

3.82

5296

発刊: 1992.6.5 ~

完結・全11巻

平井銀二・通称“銀王”は、金がすべての裏社会の仕切り屋。だが金脈を求めてビジネス社会の暗部に巣喰う黒い人脈とは一味違う人生哲学の持ち主。野望に踊り、欲望に踊らされる黒い紳士たちの姿を描いたベストセラー!!

『賭博堕天録カイジ 24億脱出編』の書影

賭博堕天録カイジ 24億脱出編

3.44

4628

発刊: 2018.3.5 ~

既刊13巻

和也との、ワン・ポーカー勝負を制したカイジ。24億円を手に入れたカイジは、その大金を持っての帝愛からの脱出をはかる。

すべて表示(33)

作品レビュー

一覧

3.2

天才

1日外出録 ハンチョウ

レビュー(191)件

既刊12巻

3.8

5巻まで読みました

カイジシリーズで有名な福本伸行が週刊少年マガジンで連載していた作品。
福本作品ですが、テーマはギャンブルではなく、主人公は中学生くらいの年齢の少年です。

人は他人に庇護されるべきではなく、孤立すべきであるという独自の哲学を持った少年「工藤涯」が主人公。
殺人の罪で追われている涯は、無実を訴えるが警察に追い詰められ、人間学園という更生施設に送り込まれます。
人間学園からの脱出と冤罪を晴らし無実を証明することを目的に、人間学園で逆転のチャンスを伺うストーリーとなります。

いつもの福本作品らしく、テンポは遅いが読みやすくて面白いのですが、少年誌のターゲット層にあったテーマでなかったためか、人気が出ず、1年以内で打ち切りになりました。
そのため、全5巻と非常に短く、内容は人間学園でのストーリーがほぼ全てです。
ラストは、話に収拾はついているのですが、大立ち回りの結果としてはインパクトが弱く、打ち切りの印象があります。

ただ、個人的には、なぜ打ち切られたのかわからないくらい面白い作品だと思いました。
序盤、大勢の警官に追い詰められた状態で、起死回生の脱出を図るシーンも印象に強いですし、人間学園での「悪魂退散!悪魂退散!」、「素直になぁれっ…!」と言いながら電撃を食らわせるシーンは、現在も語られる名シーンです。
なんだかんだで、巨悪に鉄槌を下すことにも成功していて、少なくとも人間学園部分はキレイに終わっているので、今読んでも楽しめる作品だと思います。
知る人ぞ知る、マイナーな名作です。

無頼伝 涯 GAI

レビュー(30)件

完結・全5巻

3.3

良い上司

中間管理録 トネガワ

レビュー(169)件

完結・全10巻

🦦さんのアイコン

🦦

torarakko
2週間前

3.0

1巻まで読みました

トネガワア

中間管理録トネガワの悪魔的人生相談

レビュー(6)件

既刊1巻

4.2

36巻まで読みました

筆の遅さは加味しない点数。

アカギ 闇に降り立った天才

レビュー(122)件

完結・全36巻

2.7

流石にもう蛇足でしかない

賭博堕天録カイジ 24億脱出編

レビュー(54)件

既刊13巻

すべて表示(2011)

この漫画家が好きな人におすすめ

Loading ...
Loading ...