賭博堕天録カイジ ワン・ポーカー編

福本伸行

3.45

5412

発刊:2013.11.06 〜

既刊16巻

『賭博堕天録カイジ ワン・ポーカー編(1)』巻の書影
『賭博堕天録カイジ ワン・ポーカー編(2)』巻の書影
『賭博堕天録カイジ ワン・ポーカー編(3)』巻の書影
『賭博堕天録カイジ ワン・ポーカー編(4)』巻の書影
『賭博堕天録カイジ ワン・ポーカー編(5)』巻の書影
『賭博堕天録カイジ ワン・ポーカー編(6)』巻の書影
『賭博堕天録カイジ ワン・ポーカー編(7)』巻の書影
『賭博堕天録カイジ ワン・ポーカー編(8)』巻の書影
『賭博堕天録カイジ ワン・ポーカー編(9)』巻の書影
『賭博堕天録カイジ ワン・ポーカー編(10)』巻の書影
『賭博堕天録カイジ ワン・ポーカー編(11)』巻の書影
『賭博堕天録カイジ ワン・ポーカー編(12)』巻の書影
『賭博堕天録カイジ ワン・ポーカー編(13)』巻の書影
『賭博堕天録カイジ ワン・ポーカー編(14)』巻の書影
『賭博堕天録カイジ ワン・ポーカー編(15)』巻の書影
『賭博堕天録カイジ ワン・ポーカー編(16)』巻の書影
まさやさん、他2人が読んでいます

賭博堕天録カイジ ワン・ポーカー編のあらすじストーリー紹介

極悪社長との変則二人麻雀「17歩」勝負を制し、4億8千万もの大金を獲得したカイジ! その勝負の余韻も冷めやらぬ中、帝愛グループの会長である兵藤和尊の息子・和也から、勝負を持ちかけられた! 激戦必至の黄金カード!! いくぜ、今宵、もう一勝負!!!

はじめての方はこちら
5.0
4.0
3.0
2.0
1.0
3.45

180件の評価

4.4

16巻まで読みました

カイジシリーズ 5作目。前作"和也編"の直接の続編です。
前作ラストで本作"ワン・ポーカー編"のルール説明が行われており、タイトルだけ変わった続きとなっています。

タイトルの通り、"ワン・ポーカー"というオリジナルのゲームでカイジと和也が戦う話です。
行われるギャンブルはワン・ポーカーのみで、ワン・ポーカーの決着をもって、次回の"24億脱出編"に続きます。
巻数は過去作に比較すると長めですが、見開きのセリフや、カイジらしい「ざわ‥ ざわ‥」した場面が多く、スイスイと読めます。
駆け引きや読み合いが多く発生するギャンブルですが、内容は難しくなく、状況がよくわからなくなることはなかったです。
過去のカイジを読んできた方であれば、本作も楽しんで読めると思います。

"ワン・ポーカー"は名前通り、一枚だけのカードで勝負するポーカーで、最大人数2人までの勝負です。
役もチェンジもなく、最弱の2がAに勝利する以外は数の大小でのみ競います。
各々2枚ずつカードが配られ、勝負したいカードを場に伏せて出し、コールかレイズ、あるいはドロップを宣言します。
また、配られたカードがUpのカードかDownのカードかのみ、相手に知られてしまうのが肝で、それによって驚くほどの心理戦が繰り広げられるものとなります。

歴代カイジシリーズを読んできましたが、ゲームシステムとしては17歩の次くらいに面白かったです。
よくこんなシンプルなのに心理が伴うゲームを考えられるなと感心します。
読み合いも理にかなっていて、結局の所、絶対の確信はないのですが、張れるギャンブルに張ったという感じがあり、納得な内容でした。

ただ、以前から一手一手が遅く、「でも」、「いや」、が続いてなかなか前に進まない感じはあったのですが、本作はそれが顕著に感じました。
一回の勝負に何話も使うような回が続きます。
その分、カードがめくられた際のカタルシス、あるいは絶望感はすごいのですが、テンポが若干悪いかなと思いました。
ラストも次回にそのまま続く終わり方で、一区切りはつくのですが、終わった感は薄いです。
ですが、カイジシリーズは安定しておもしろいので、続きも楽しみにしたいと思います。

すべて表示
Loading ...