ずっと健康だと思ってた。34歳脳こうそく克服記

157

既刊1巻

発刊:2014.11.07

あらすじ・ストーリー紹介
絵本作家をしながら保育士として働く奈央(通称ブー子)は、34歳のある朝、突然左半身に痺れが起こった。 それが脳梗塞の初期症状とはつゆ知らず、12時間も放置して寝ていたのん気なブー子。 彼女は発症から13時間後に、やっと病院へと運ばれたのだった―――。 34歳の若さで脳梗塞になった女性の、発症から入院、検査、リハビリの一部始終、 そんな中での心の変化や看病する家族との本音のやりとりを ほのぼのと笑いを交えて描くコミックエッセイ。

このマンガのレビュー

レビューがありません。
はじめてのレビュアーになりませんか?

レビューをする

関連記事

オススメのマンガ