capeta

曽田正人

3.78

5391

発刊:2003.10.16 〜

完結・全33巻

『capeta(1)』巻の書影
『capeta(2)』巻の書影
『capeta(3)』巻の書影
『capeta(4)』巻の書影
『capeta(5)』巻の書影
『capeta(6)』巻の書影
『capeta(7)』巻の書影
『capeta(8)』巻の書影
『capeta(9)』巻の書影
『capeta(10)』巻の書影
『capeta(11)』巻の書影
『capeta(12)』巻の書影
『capeta(13)』巻の書影
『capeta(14)』巻の書影
『capeta(15)』巻の書影
『capeta(16)』巻の書影
『capeta(17)』巻の書影
『capeta(18)』巻の書影
『capeta(19)』巻の書影
『capeta(20)』巻の書影
『capeta(21)』巻の書影
『capeta(22)』巻の書影
『capeta(23)』巻の書影
『capeta(24)』巻の書影
『capeta(25)』巻の書影
『capeta(26)』巻の書影
『capeta(27)』巻の書影
『capeta(28)』巻の書影
『capeta(29)』巻の書影
『capeta(30)』巻の書影
『capeta(31)』巻の書影
『capeta(32)』巻の書影
『capeta(32)』巻の書影
うにたべたいさん、他2人が読んでいます

この漫画のレビュー

5.0
4.0
3.0
2.0
1.0
3.78

63件の評価

4.4

33巻まで読みました

モータースポーツを題材にした作品。
作者の曽田正人といえば、本作の前は天賦の才能を持ったバレリーナを主役に描いた『昴』という作品を描いていましたが、本作はまた全く畑違いの業界となっています。

主人公「平 勝平太(カペタ)」と、生涯の友となる「安藤 信」、「鈴木 茂波」の幼少期から物語が始まります。
カートとの出会い、ライバルでありカペタの目標となる「源 奈臣」との出会いが描かれ、初めてのジュニアカートの参戦。
中学生、高校生と成長するに連れ、つきまとう資金繰り問題やアクシデント、ライバルたちとの切磋琢磨が描かれ、そして、F3マシンで最も有名なレース「マカオグランプリ」への挑戦が描かれています。

登場するレースやレース場は実在のものが多く、オートスポートに詳しいわけではないのですが、本作で色々知ることができました。
チューニングやレーシングテクニックは元より、スポンサーありきだったり、早くてうまいレーサーがF1マシンに乗れるわけではないといった事情についてもわかりやすく描かれています。
また、内情も描かれていますが、割合的にレースの描写が多く、コンマ2桁以下のタイムを争うレーサーたちの思考描写が壮絶です。
サーキットレースはある程度、相手が不利になるような行動が認められていて、反則として明確になっていない限り、当然の戦略としてそれを行います。
また、最高速度で270km/h出るというF3でクラッシュをすると命にも関わる、そんな中で勝つために走る彼らの争いはまさに戦争でもやっているかのようでした。
モータースポーツは、とにかく熱くて激しい業界なんだと感じました。
自動車レースを観戦したことはないのですが、本作で興味が出たので、次のスーパーフォーミュラ・ライツは見に行ってみたいと思いました。

全32巻で完結していますが、最後はF1まで行かず、引き続きヨーロッパのレースで活躍する熱意を燃やすという終わり方になっています。
カペタに恋心を寄せていたキャラはフェードアウトし、留学した信の活躍も無く、やや中途半端な感じを受けました。
打ち切られたのかな、とも思いましたがそういうわけではなく、予定していた終了タイミングだったそうです。
ただ、やはりマカオで成績を上げたなら、次はF1参戦して欲しいところ、同作者の『昴』も、後年続編が描かれたので、本作もいつか続編があるといいなと期待しています。

1

この漫画の詳細情報

この漫画を読んだ人におすすめ

Loading ...
Loading ...