ハッピーシュガーライフ

鍵空とみやき

3.31

7762

発刊:2015.10.22 〜

完結・全11巻

『ハッピーシュガーライフ(1)』巻の書影
『ハッピーシュガーライフ(2)』巻の書影
『ハッピーシュガーライフ(3)』巻の書影
『ハッピーシュガーライフ(4)』巻の書影
『ハッピーシュガーライフ(5)』巻の書影
『ハッピーシュガーライフ(6)』巻の書影
『ハッピーシュガーライフ(7)』巻の書影
『ハッピーシュガーライフ(8)』巻の書影
『ハッピーシュガーライフ(9)』巻の書影
『ハッピーシュガーライフ(10)』巻の書影
『ハッピーシュガーライフ(11)』巻の書影
たこやきさん、他2人が読んでいます

あらすじストーリー紹介

真実の愛は、試されなければならない。 松坂さとうには、好きな人がいます。一緒に暮らして愛を語り合うと、とても甘い気持ちになるのです。きっとこれが「愛」なのね。彼女はそう思いました。この想いを守るためなら、どんなことも許される。騙しても犯しても奪っても殺してもいいと思うの。『賭ケグルイ』の河本ほむら・尚村透が推薦する、戦慄の純愛サイコホラー

はじめての方はこちら

この漫画のレビュー

一覧
5.0
4.0
3.0
2.0
1.0
3.31

91件の評価

3.8

タイトル通り、幸せな甘い生活を送る二人の少女が、その生活を守るためにがんばる話です。
主人公は女子高生「松坂さとう」と幼い少女「神戸しお」で、二人は一緒に住んでいて深く愛し合っています。
ですが、子供二人で生きていけるほど世間は簡単じゃなく、色々な問題から知恵と勇気で立ち向かい、二人だけの甘い甘い生活をがんばって守る、戦う女の子のものがたりとなっています。

ガンガン系の作品らしいロリ系の絵柄にふわふわしたタイトル、舞台は現代ですがファンタジーっぽい雰囲気の作品で、愛し合う二人の女の子が、二人だけの世界を過ごす。
さぞかし可愛らしい、ほっこりとしたお話なんだろうなぁと思ってページを捲ったのですが、実際の内容は絵柄と乖離した超鬱系のドス黒いサイコホラーでした。

下手なことを書くと全部ネタバレになりそうでもどかしいのですが、できるだけ掘り下げない感じであらすじを書くと、さとうさんは愛を理解できず、毎晩のように男漁りの日々を送っていたのですが、しおちゃんと出会ったことで本当の愛を知り、二人は幸せな生活を営みはじめるところで物語が始まります。

一方で街には行方不明の少女を探すニュースが流れ、ビラが貼られます。
さとうさんは二人の生活を守るため、しおちゃんに部屋から出ないこと、鍵付きの部屋には近づかないようにお話します。
そしてその部屋には謎のビニール袋が置かれていて。
誘拐、ストーカー、変質者、死体遺棄、監禁、DV、愛、天使、二人だけの甘い生活を守るため障害を取り除くためしおを守るため、手段を選ばずに行動するさとうの無機質な恐ろしさに戦慄する、愛の物語でした。

なお、登場人物は大体全員異常者なので、安心していたら 「お前もキチ○イか!」 と驚くことになります。
主人公は異常者代表みたいなものですが、こんなヤバい人々が身近にいるとかたまったもんじゃないですね。
ラストは、「やっぱりお前もキチ○イか!」という終わり方でした。
後味は悪いですが、周囲はともかく二人が幸せなら良かったのかなと思います。

すべて表示

この漫画を読んだ人におすすめ

Loading ...
Loading ...