ひぐらしのなく頃に礼

竜騎士07

3.22

769

発刊:2011.12.22 〜

既刊1巻

『ひぐらしのなく頃に礼(1)』巻の書影
うにたべたいさんが読んでいます

あらすじストーリー紹介

昭和58年夏、運命に打ち勝った古手梨花は、理想の世界を仲間達と満喫していた。しかし不慮の事故により、またしても違うカケラに飛ばされてしまう。その世界は鷹野も入江もおらず、悟史が健在である、かつて経験したことのない世界だった。梨花は、元の世界に戻れるのか!?梨花の長い旅路の意味を問い直す、竜騎士07原作の痛切なる「ひぐらし」アフターストーリー!!

この漫画の詳細情報

はじめての方はこちら

この漫画のレビュー

一覧
5.0
4.0
3.0
2.0
1.0
3.22

12件の評価

3.8

1巻まで読みました

「ひぐらしのなく頃に・礼」の短話、賽殺し編のコミカライズ。
「ひぐらしのなく頃に・礼」は、"賽殺し編"、"昼壊し編"で完結となります。
一応、さらにおまけのショートシナリオである"罰恋し編"も漫画化していますが、単体で販売はされておらず、別の章の購入特典だったため、微妙にプレミアがついています。
古本で安値で見かけたら即購入ですね。

昼壊し編がコメディ枠だったのに対し、本作はシリアス展開です。
本編の完結後、プールに遊びに行った部活メンバーだったが、古手梨花はちょっとした不注意でトラックに撥ねられてしまう。
梨花が目覚めた世界は、元の世界とはどこか違うifの世界だったという展開です。
主人公は古手梨花。
「もし全てのサイコロの目が良い方向に転がっていれば」という世界で、それでも元を選択したいか、戻るべきかという内容で、とても矛盾なく練られた作品だと思いました。
(礼になって、急に"古手神社の至宝"なる、ドラえもんの秘密道具的なものが次々出てきた感はありますが)

ひぐらし本編ではありえないifなので、特別編っぽい内容だと思いました。
ただ、最終話の直前までどう畳むのか、ハラハラしながら読み進めていましたが、最終話で急に慌ただしく畳み始めた感じがしたため、欲を言えばもう少し尺が欲しかったと思います。
とはいえ、十分楽しめる内容でした。
原作を損なわないコミカライズだと思います。
できれば罰恋し編も読んでみたいですが、難しそうだな。

この漫画が含まれるまとめ

一覧

この漫画を読んだ人におすすめ

Loading ...
Loading ...