『ギャラリーフェイク(1)』巻の書影
『ギャラリーフェイク(2)』巻の書影
『ギャラリーフェイク(3)』巻の書影
『ギャラリーフェイク(4)』巻の書影
『ギャラリーフェイク(5)』巻の書影
『ギャラリーフェイク(6)』巻の書影
『ギャラリーフェイク(7)』巻の書影
『ギャラリーフェイク(8)』巻の書影
『ギャラリーフェイク(9)』巻の書影
『ギャラリーフェイク(10)』巻の書影
『ギャラリーフェイク(11)』巻の書影
『ギャラリーフェイク(12)』巻の書影
『ギャラリーフェイク(13)』巻の書影
『ギャラリーフェイク(14)』巻の書影
『ギャラリーフェイク(15)』巻の書影
『ギャラリーフェイク(16)』巻の書影
『ギャラリーフェイク(17)』巻の書影
『ギャラリーフェイク(18)』巻の書影
『ギャラリーフェイク(19)』巻の書影
『ギャラリーフェイク(20)』巻の書影
『ギャラリーフェイク(21)』巻の書影
『ギャラリーフェイク(22)』巻の書影
『ギャラリーフェイク(23)』巻の書影
『ギャラリーフェイク(24)』巻の書影
『ギャラリーフェイク(25)』巻の書影
『ギャラリーフェイク(26)』巻の書影
『ギャラリーフェイク(27)』巻の書影
『ギャラリーフェイク(28)』巻の書影
『ギャラリーフェイク(29)』巻の書影
『ギャラリーフェイク(30)』巻の書影
『ギャラリーフェイク(31)』巻の書影
『ギャラリーフェイク(32)』巻の書影
『ギャラリーフェイク(33)』巻の書影
『ギャラリーフェイク(34)』巻の書影
『ギャラリーフェイク(35)』巻の書影
『ギャラリーフェイク(36)』巻の書影
『ギャラリーフェイク(37)』巻の書影
『ギャラリーフェイク(38)』巻の書影

ギャラリーフェイク(17)のあらすじストーリー紹介

『ギャラリーフェイク』に、安藤広重の浮世絵を展示しようとするものの、何か趣向を凝らしたいと考えるフジタ。しかし、いいアイデアが浮かばない。そんなとき、ある男からスイスの高級時計メーカー・ブラパンの“1735”の問い合わせの電話が入った。フジタはその電話で、月光の描写が美しい安藤広重の浮世絵とムーンフェイズ付腕時計の“1735”を一緒に展示することを思いつく。そして、展示から数日後、『ギャラリーフェイク』に“1735”を購入したいという男がやって来る。しかし、その男は……

タイトルページへ
はじめての方はこちら
Loading ...