宝石の国

市川春子

3.91

11256

発刊:2013.07.23 〜

既刊11巻

『宝石の国(1)』巻の書影
『宝石の国(2)』巻の書影
『宝石の国(3)』巻の書影
『宝石の国(4)』巻の書影
『宝石の国(5)』巻の書影
『宝石の国(6)』巻の書影
『宝石の国(7)』巻の書影
『宝石の国(8)』巻の書影
『宝石の国(9)』巻の書影
『宝石の国(10)』巻の書影
『宝石の国(11)』巻の書影
かわこさん、他2人が読んでいます

あらすじストーリー紹介

今から遠い未来。地上の生物が海に沈み、海底の微小な生物に食われて無機物となり、長い時間をかけて結晶となった宝石生命体、のような存在が生まれた。その宝石のカラダを持つ28人は、彼らを装飾品にしようと襲い掛かる月人(つきじん)に備えるべく、戦闘や医療などそれぞれの持ち場についていた。月人と戦うことを望みながら、何も役割を与えられていなかったフォスは、宝石たちを束ねる金剛先生から博物誌を編むように頼まれる。漫画界で最も美しい才能が描く、戦う宝石たちの物語。

この漫画の詳細情報

はじめての方はこちら

この漫画を読んだ人におすすめ

Loading ...
Loading ...