桃源郷の人々

作者
青木雄二
出版社
双葉社

278

既刊2巻

発刊:----.--.--

あらすじ・ストーリー紹介
連鎖倒産で夜逃げをするはめになった零細印刷会社社長の元木。行く先は淀川の河川敷。そこは”桃源郷”と呼ばれ、村長の清多、助役の鍬田がリーダーシップをとっていた。二人の計らいで元木夫婦は掘っ立て小屋に住むのだが、印刷技術を買われ50億円の偽造手形をつくることに……!?青木雄二が最後におくる金融ロマン傑作!!

このマンガのレビュー

レビューがありません。
はじめてのレビュアーになりませんか?

レビューをする

オススメのマンガ