青木雄二さんの作品の書影

青木雄二

ファンになる

作品数:17

優樹小黒さん、他2人がファンになりました
ファンになる

プロフィール

青木 雄二(あおき ゆうじ、1945年6月9日[要検証 – ノート] - 2003年9月5日)は、日本の漫画家・エッセイスト。京都府加佐郡大江町(現・福知山市)生まれ。岡山県久米郡弓削町(現・久米南町)出身。

青木雄二の作品

一覧
『ナニワ金融道』の書影

ナニワ金融道

3.61

2830

発刊: ~

通常版・他2作品

勤めてた会社が倒産してしまった灰原が、次に就職した先はメチャクチャ恐い金融屋。やり手の先輩社員・桑田の下にへばりついて、金が金を産む金融業界のウラの仕組みを知っていく灰原。「自分の天職はこれだ!」とばかりに大阪一の金融マンを目指し、気合いを入れてガンバるが…、世の中そんなに甘くない。初めての追い込みに苦悩するは、地面師に騙されるは、離婚の修羅場に立ち会わされるは……、果てはソープに女を沈めるなんていう仕事までやらされるはめに――。▼目次1発目 会社が倒産してもうた2発目 払わん方が悪いんじゃ!3発目 カモが荷物まとめて夜逃げした!4発目 たとえ逃げてもカモはカモや!5発目 金さえ払ろたら文句ないわい!6発目 最後に一発,かましたろ!7発目 ババ掴まされてしもたがな!8発目 金融屋が泣き寝入りすると思うなよ!9発目 追い詰めたぞ!!10発目 ナニワの借金返済法!

『カバチタレ!』の書影

カバチタレ!

3.21

1402

発刊: 1999.11.19 ~

完結・全20巻

「カバチタレ!」とは広島弁で、文句や屁理屈を言う人のこと。法律を知れば、今まで泣き寝入りしていた者も、カバチをタレて自分たちの生活を守ることができるのだ。主人公の田村は行政書士の大野に出会ってそのことに気づき、大野事務所に入所する。街の法律屋として依頼者のため走り回る新米補助者の奮闘記。

連鎖倒産で夜逃げをするはめになった零細印刷会社社長の元木。行く先は淀川の河川敷。そこは”桃源郷”と呼ばれ、村長の清多、助役の鍬田がリーダーシップをとっていた。二人の計らいで元木夫婦は掘っ立て小屋に住むのだが、印刷技術を買われ50億円の偽造手形をつくることに……!?青木雄二が最後におくる金融ロマン傑作!!

一度読んだだけの中古品です。

すべて表示(17)

作品レビュー

一覧

3.0

19巻まで読みました

ナニワ金融道

レビュー(60)件

完結・全19巻

4.4

19巻まで読みました

ナニワ金融道

レビュー(60)件

完結・全19巻

tetsuさんのアイコン

tetsu

tetsu1732
5ヶ月前

3.0

19巻まで読みました

ナニワ金融道

レビュー(60)件

完結・全19巻

すべて表示(85)

この漫画家が好きな人におすすめ

Loading ...
Loading ...