ミナミの帝王

天王寺大郷力也

3.40

5351

既刊161巻

『ミナミの帝王(1)』巻の書影
『ミナミの帝王(2)』巻の書影
『ミナミの帝王(3)』巻の書影
『ミナミの帝王(4)』巻の書影
『ミナミの帝王(5)』巻の書影
『ミナミの帝王(6)』巻の書影
『ミナミの帝王(7)』巻の書影
『ミナミの帝王(8)』巻の書影
『ミナミの帝王(9)』巻の書影
『ミナミの帝王(10)』巻の書影
『ミナミの帝王(11)』巻の書影
『ミナミの帝王(12)』巻の書影
『ミナミの帝王(13)』巻の書影
『ミナミの帝王(14)』巻の書影
『ミナミの帝王(15)』巻の書影
『ミナミの帝王(16)』巻の書影
『ミナミの帝王(17)』巻の書影
『ミナミの帝王(18)』巻の書影
『ミナミの帝王(19)』巻の書影
『ミナミの帝王(20)』巻の書影
『ミナミの帝王(21)』巻の書影
『ミナミの帝王(22)』巻の書影
『ミナミの帝王(23)』巻の書影
『ミナミの帝王(24)』巻の書影
『ミナミの帝王(25)』巻の書影
『ミナミの帝王(26)』巻の書影
『ミナミの帝王(27)』巻の書影
『ミナミの帝王(28)』巻の書影
『ミナミの帝王(29)』巻の書影
『ミナミの帝王(30)』巻の書影
『ミナミの帝王(31)』巻の書影
『ミナミの帝王(32)』巻の書影
『ミナミの帝王(33)』巻の書影
『ミナミの帝王(34)』巻の書影
『ミナミの帝王(35)』巻の書影
『ミナミの帝王(36)』巻の書影
『ミナミの帝王(37)』巻の書影
『ミナミの帝王(38)』巻の書影
『ミナミの帝王(39)』巻の書影
『ミナミの帝王(40)』巻の書影
『ミナミの帝王(41)』巻の書影
『ミナミの帝王(42)』巻の書影
『ミナミの帝王(43)』巻の書影
『ミナミの帝王(44)』巻の書影
『ミナミの帝王(45)』巻の書影
『ミナミの帝王(46)』巻の書影
『ミナミの帝王(47)』巻の書影
『ミナミの帝王(48)』巻の書影
『ミナミの帝王(49)』巻の書影
『ミナミの帝王(50)』巻の書影
『ミナミの帝王(51)』巻の書影
『ミナミの帝王(52)』巻の書影
『ミナミの帝王(53)』巻の書影
『ミナミの帝王(54)』巻の書影
『ミナミの帝王(55)』巻の書影
『ミナミの帝王(56)』巻の書影
『ミナミの帝王(57)』巻の書影
『ミナミの帝王(58)』巻の書影
『ミナミの帝王(59)』巻の書影
『ミナミの帝王(60)』巻の書影
『ミナミの帝王(61)』巻の書影
『ミナミの帝王(62)』巻の書影
『ミナミの帝王(63)』巻の書影
『ミナミの帝王(64)』巻の書影
『ミナミの帝王(65)』巻の書影
『ミナミの帝王(66)』巻の書影
『ミナミの帝王(67)』巻の書影
『ミナミの帝王(68)』巻の書影
『ミナミの帝王(69)』巻の書影
『ミナミの帝王(70)』巻の書影
『ミナミの帝王(71)』巻の書影
『ミナミの帝王(72)』巻の書影
『ミナミの帝王(73)』巻の書影
『ミナミの帝王(74)』巻の書影
『ミナミの帝王(75)』巻の書影
『ミナミの帝王(76)』巻の書影
『ミナミの帝王(77)』巻の書影
『ミナミの帝王(78)』巻の書影
『ミナミの帝王(79)』巻の書影
『ミナミの帝王(80)』巻の書影
『ミナミの帝王(81)』巻の書影
『ミナミの帝王(82)』巻の書影
『ミナミの帝王(83)』巻の書影
『ミナミの帝王(84)』巻の書影
『ミナミの帝王(85)』巻の書影
『ミナミの帝王(86)』巻の書影
『ミナミの帝王(87)』巻の書影
『ミナミの帝王(88)』巻の書影
『ミナミの帝王(89)』巻の書影
『ミナミの帝王(90)』巻の書影
『ミナミの帝王(91)』巻の書影
『ミナミの帝王(92)』巻の書影
『ミナミの帝王(93)』巻の書影
『ミナミの帝王(94)』巻の書影
『ミナミの帝王(95)』巻の書影
『ミナミの帝王(96)』巻の書影
『ミナミの帝王(97)』巻の書影
『ミナミの帝王(98)』巻の書影
『ミナミの帝王(99)』巻の書影
『ミナミの帝王(100)』巻の書影
『ミナミの帝王(101)』巻の書影
『ミナミの帝王(102)』巻の書影
『ミナミの帝王(103)』巻の書影
『ミナミの帝王(104)』巻の書影
『ミナミの帝王(105)』巻の書影
『ミナミの帝王(106)』巻の書影
『ミナミの帝王(107)』巻の書影
『ミナミの帝王(108)』巻の書影
『ミナミの帝王(109)』巻の書影
『ミナミの帝王(110)』巻の書影
『ミナミの帝王(111)』巻の書影
『ミナミの帝王(112)』巻の書影
『ミナミの帝王(113)』巻の書影
『ミナミの帝王(114)』巻の書影
『ミナミの帝王(115)』巻の書影
『ミナミの帝王(116)』巻の書影
『ミナミの帝王(117)』巻の書影
『ミナミの帝王(118)』巻の書影
『ミナミの帝王(119)』巻の書影
『ミナミの帝王(120)』巻の書影
『ミナミの帝王(121)』巻の書影
『ミナミの帝王(122)』巻の書影
『ミナミの帝王(123)』巻の書影
『ミナミの帝王(124)』巻の書影
『ミナミの帝王(125)』巻の書影
『ミナミの帝王(126)』巻の書影
『ミナミの帝王(127)』巻の書影
『ミナミの帝王(128)』巻の書影
『ミナミの帝王(129)』巻の書影
『ミナミの帝王(130)』巻の書影
『ミナミの帝王(131)』巻の書影
『ミナミの帝王(132)』巻の書影
『ミナミの帝王(133)』巻の書影
『ミナミの帝王(134)』巻の書影
『ミナミの帝王(135)』巻の書影
『ミナミの帝王(136)』巻の書影
『ミナミの帝王(137)』巻の書影
『ミナミの帝王(138)』巻の書影
『ミナミの帝王(139)』巻の書影
『ミナミの帝王(140)』巻の書影
『ミナミの帝王(141)』巻の書影
『ミナミの帝王(142)』巻の書影
『ミナミの帝王(143)』巻の書影
『ミナミの帝王(144)』巻の書影
『ミナミの帝王(145)』巻の書影
『ミナミの帝王(146)』巻の書影
『ミナミの帝王(147)』巻の書影
『ミナミの帝王(148)』巻の書影
『ミナミの帝王(149)』巻の書影
『ミナミの帝王(150)』巻の書影
『ミナミの帝王(151)』巻の書影
『ミナミの帝王(152)』巻の書影
『ミナミの帝王(153)』巻の書影
『ミナミの帝王(154)』巻の書影
『ミナミの帝王(155)』巻の書影
『ミナミの帝王(156)』巻の書影
『ミナミの帝王(157)』巻の書影
『ミナミの帝王(158)』巻の書影
『ミナミの帝王(159)』巻の書影
『ミナミの帝王(160)』巻の書影
『ミナミの帝王(161)』巻の書影
錦さん、他1人が読んでいます

あらすじストーリー紹介

銭と欲望が渦巻く街・大阪ミナミ。 主人公・萬田銀次郎は、このミナミでトイチ(十日で一割の利息)の銭貸しを営んでいる。 トイチという法外な利息にも関わらず、借金を申し込んでくる客は後を絶たない。 その多くが銀行・消費者金融などから相手にされない、もしくはブラックリストに載った“やっかいな客”である。銀次郎はサラリーマン・中小企業社長・ヤクザ等々、どんな相手であろうと銭を貸す。“パンク寸前”の客でも銭を貸す。 そんな海千山千の客を相手に、銀次郎の借金回収率は100%を誇る。 そのキリトリ(取り立て)は手段を選ばず、徹底的に相手を追い込むことから、銀次郎は“ミナミの鬼”と恐れられ、客は借金を返済するのである。 世界一、人情の濃い街で繰り広げられる、大阪銭貸し一代記。

この漫画の詳細情報

はじめての方はこちら

この漫画を読んだ人におすすめ

Loading ...
Loading ...