作品数:8

ファンになる

プロフィール

郷 力也(ごう りきや、男性、1950年 - )は、日本の漫画家。大阪府出身。代表作に『ミナミの帝王』(原作:天王寺大)などがある。漫画原作者・天王寺大の実兄である。

郷力也の作品

一覧
『ミナミの帝王』の書影

ミナミの帝王

3.40

5351

発刊: ~

既刊161巻

銭と欲望が渦巻く街・大阪ミナミ。 主人公・萬田銀次郎は、このミナミでトイチ(十日で一割の利息)の銭貸しを営んでいる。 トイチという法外な利息にも関わらず、借金を申し込んでくる客は後を絶たない。 その多くが銀行・消費者金融などから相手にされない、もしくはブラックリストに載った“やっかいな客”である。銀次郎はサラリーマン・中小企業社長・ヤクザ等々、どんな相手であろうと銭を貸す。“パンク寸前”の客でも銭を貸す。 そんな海千山千の客を相手に、銀次郎の借金回収率は100%を誇る。 そのキリトリ(取り立て)は手段を選ばず、徹底的に相手を追い込むことから、銀次郎は“ミナミの鬼”と恐れられ、客は借金を返済するのである。 世界一、人情の濃い街で繰り広げられる、大阪銭貸し一代記。

『ミナミの帝王 ヤング編』の書影

ミナミの帝王 ヤング編

3.26

599

発刊: 2006.10.4 ~

完結・全6巻

世が銭まみれの頃、少年“萬田銀次郎”は、建設業を営む父の背中を見て育っていた。しかしある時、巨大商社・アクツ商事の阿久津天勝の卑劣な詐欺行為にはまり百億以上の負債を抱え、自ら命を絶ってしまった。その後、母も自ら命を絶つ。全てを失い自暴自棄になり、酒に溺れた銀次郎に救いの手を差し伸べたのが長老だった。銀次郎に知恵を貸し、最高の頭脳集団『チーム銀次郎』も結成。やがて待ち受ける修羅場に備え、銀次郎は阿久津に対する復讐の鬼へと変貌していくのであった…

本編『ミナミの帝王』内の『ヤング編』は、銀次郎の若き日を綴った傑作。巨大な悪・阿久津天勝の罠によって、間接的ではあるが両親を失い、自暴自棄になった銀次郎が、その執念によって阿久津天勝を滅ぼすまでを描いた『ヤング編』は、のちに独立のコミックスとしても発売された。その続編となるのが『ミナミの帝王ヤング編 利権空港』である。表舞台から去り、ミナミの街にやって来た銀次郎は、未来のヤクザの大親分・沢木大樹と出会う。銀次郎は、沢木の夢を叶えるべくもう一度、銭の世界へ戻る。今度の敵は、巨大国家事業だ! 天王寺大氏のストーリー、キレまくってます! 郷力也氏の劇画、魂籠りまくりの激アツです!

『千夜鬼抄バンパイア』の書影

千夜鬼抄バンパイア

193

発刊: 2015.3.4 ~

完結・全1巻

この世で起こる“事件”にはあまねく妖怪たちが絡んでいた!? 刑事・伴π亜がその謎を解き明かす!! 空前絶後の怪異妖怪捜査譚!! 巨匠・郷力也が人間の本性に鋭く迫る渾身の激画ここに封印解除!!

『人生航路』の書影

人生航路

159

発刊: 2004.11.1 ~

既刊1巻

作品レビュー

一覧

4.2

161巻まで読みました

ミナミの帝王

レビュー(16)件

既刊161巻

3.0

161巻まで読みました

ミナミの帝王

レビュー(16)件

既刊161巻

4.7

160巻まで読みました

ミナミの帝王

レビュー(16)件

既刊161巻

5.0

159巻まで読みました

ミナミの帝王

レビュー(16)件

既刊161巻

saruさんのアイコン

saru

kai1012
7ヶ月前

4.5

159巻まで読みました

ミナミの帝王

レビュー(16)件

既刊161巻

tytydyさんのアイコン

tytydy

tytydy
9ヶ月前

3.4

159巻まで読みました

ミナミの帝王

レビュー(16)件

既刊161巻

qqqdpさんのアイコン

qqqdp

qqqdp
10ヶ月前

3.0

3巻まで読みました

ミナミの帝王 ヤング編 利権空港

レビュー(3)件

完結・全3巻

qqqdpさんのアイコン

qqqdp

qqqdp
10ヶ月前

3.0

159巻まで読みました

ミナミの帝王

レビュー(16)件

既刊161巻

すべて表示(16)

この漫画家が好きな人におすすめ

Loading ...
Loading ...