『アイシールド21(1)』巻の書影
『アイシールド21(2)』巻の書影
『アイシールド21(3)』巻の書影
『アイシールド21(4)』巻の書影
『アイシールド21(5)』巻の書影
『アイシールド21(6)』巻の書影
『アイシールド21(7)』巻の書影
『アイシールド21(8)』巻の書影
『アイシールド21(9)』巻の書影
『アイシールド21(10)』巻の書影
『アイシールド21(11)』巻の書影
『アイシールド21(12)』巻の書影
『アイシールド21(13)』巻の書影
『アイシールド21(14)』巻の書影
『アイシールド21(15)』巻の書影
『アイシールド21(16)』巻の書影
『アイシールド21(17)』巻の書影
『アイシールド21(18)』巻の書影
『アイシールド21(19)』巻の書影
『アイシールド21(20)』巻の書影
『アイシールド21(21)』巻の書影
『アイシールド21(22)』巻の書影
『アイシールド21(23)』巻の書影
『アイシールド21(24)』巻の書影
『アイシールド21(25)』巻の書影
『アイシールド21(26)』巻の書影
『アイシールド21(27)』巻の書影
『アイシールド21(28)』巻の書影
『アイシールド21(29)』巻の書影
『アイシールド21(30)』巻の書影
『アイシールド21(31)』巻の書影
『アイシールド21(32)』巻の書影
『アイシールド21(33)』巻の書影
『アイシールド21(34)』巻の書影
『アイシールド21(35)』巻の書影
『アイシールド21(36)』巻の書影
『アイシールド21(37)』巻の書影
agureさん、他2人が読んでいます

この漫画のレビュー

5.0
4.0
3.0
2.0
1.0
4.05

654件の評価

浅香さんのアイコン

浅香

DyourLife
1ヶ月前

3.4

37巻まで読みました

このレビューにはネタバレを含みます。

子供の頃読んでたけど完結まで読んでないシリーズ

アメフトという謎スポーツを理解させながら読ませるのが素晴らしい。
表紙などもそうだが絵がとにかく上手くてどんどん読んでしまう。
大人数のスポーツなのにキャラの書き分けも抜群。

アガる伏線
・最後のオールスター戦の伏線かのような各ライバルがポジション配置
・60ヤードマグナム
・本当のアイシールド21
・本庄選手 
・ラストのタイトルのタッチダウン などなど

残念な点
戦略で魅せる部分も多いためキャラの過去や心理描写での掘り下げが少ない(というかここぞという時は入れてくるしめちゃめちゃいいからもうちょっとそれをいろんなキャラでみたかった)

後半のボス達のポッと出感が否めない。
神龍寺はまだ許せるとして因縁の王城戦の後に白秋や帝黒は正直こんなやつらに負けるはずがない(メタ的に)と思ってしまう。
白秋はわざとヒールなのもあると思うし帝黒も本物のアメリカ帰りのアイシールドや二代目本庄等伏線は綺麗だがどうしてもキャラが初見で感情移入しづらい。

ライバルチーム同士の熱戦がない
都大会決勝の王城対西武は鉄馬なし、白秋は泥門以外は相手が途中棄権とメタ的にどっちが勝ってもおかしくないライバルチーム同士の対決が一戦くらい見たかったというのが率直な感想。

この漫画を読んだ人におすすめ

Loading ...
Loading ...