稲垣理一郎

よしのぶ、ふとる、他2人がファンになりました。

プロフィール

ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典

稲垣 理一郎(いながき りいちろう、1976年6月20日 - )は、日本の漫画家、漫画原作者。漫画制作・版権管理会社『米スタジオ』代表。東京都出身。妹がいる。妻は舞台女優・声優の樹元オリエ。『週刊少年ジャンプ』2002年34号より2009年29号まで連載された漫画作品「アイシールド21」の原作担当。作画は村田雄介。

4

並び替え:

人生で一番読んでる漫画アイシールド21の原作者・稲垣理一郎先生の作品。 読んでみたらやっぱりツボ。世界が広がっていく感じとか仲間の増やし方とかワクワクしまくり。 文系な俺でも科学に興味もっちゃうくらい科学知識も読んでて楽しい。知識があると千空の科学ウンチク部分がもっと楽しめるんだろうな。by たこやき (120)

個人的にはスラムダンクと並び最高のスポーツ漫画の一角。キャラクターの魅力がとにかくすさまじく、各々に共感、感動する過去やエピソードが絶妙に散りばめられている。また、マイナースポーツを分かりやすく、かつ競技の本質を崩さない解説や能力値の視覚化がとても上手く、理解を促している。最高潮は関東大会第一試合と言われており、終盤は要らないと言う人も多い。たしかに展開の面白さはその試合がピークだが、それ以降にも良いシーンが多くあるため蛇足ではないと感じている。総じて非常にジャンプらしい名作。by Rei (27)

1

この作者に関する記事

関連記事をもっと表示 +