ガールクラッシュ

タヤマ碧

3.35

207

既刊1巻

『ガールクラッシュ(1)』巻の書影
ばんばんさん、他2人が読んでいます

あらすじストーリー紹介

「舞台に上がるのは、理想のかっこいい女の子――」 百瀬天花(ももせ・てんか)・高校1年生。 学校の成績がよくて、ビジュアル最強、ダンス部では1年生ながらセンターに立つ。 天花が誰にも羨ましがられる存在=ガールクラッシュ(女子が憧れるかっこいい女子)になったきっかけは、小学生の頃。 母親が不倫して、相手の男と一緒に失踪したのがクラスで噂になってしまい、ハブられていた天花は、いつも一人で行動していた。 そんな折、クラスメイトの湊晴海(みなと・はるみ)くんが、声をかけてくれた。 人気者の晴海は、天花の家庭環境など気にせず、フラットに付き合ってくれる。 天花はいつしか、その優しさに惹かれ、次第に晴海が好きになっていく…。 そこからは勉強も、部活も、すべて一生懸命やって、中学では彼女も人気者に。 そしてパーフェクトに成長した天花だったが、恋にだけは奥手で、晴海に思いを伝えられずにいた――。 高校生になって、ダンス部として文化祭が近づいてくるなか、天花は、部活の仲間と屋上へダンスの練習へ向かう。 その途中で出会ったのは、地味でパッとしない、佐藤恵梨杏(さとう・えりあん)だった。 恵梨杏は、K-POPにかぶれていて、新大久保でバイトするほどだった。 大好きなアイドルグループは、ブライトローズ。 ブライトローズのリオナに憧れて、自分もK-POPアイドルになるために、独学で歌とダンスを練習し、韓国留学を計画していた。 そのバイト先では、晴海も働いていて、仲良さそうな2人の姿を見てやきもちをやいた天花は、恵梨杏を焚き付ける。 天花、恵梨杏、晴海の3人で、カラオケに行くということになり、いざ、ブライトローズの曲を歌う恵梨杏だったが……。 ――きっかけは、恋。 ――きっかけは、憧れ。 天花と恵梨杏、2人の強い思いが、交錯する。 巷で大流行するK-POP―― 日本の女子高生たちの青春は、K-POPアイドルの夢に向かって動き出す!!

この漫画の詳細情報

はじめての方はこちら

この漫画のレビュー

一覧
5.0
4.0
3.0
2.0
1.0
3.35

6件の評価

すべて表示

この漫画が含まれるまとめ

一覧

この漫画を読んだ人におすすめ

Loading ...
Loading ...