フールナイト8

安田佳澄

3.97

1905

発刊:2021.03.30 〜

既刊8巻

フールナイト8巻の表紙
ここまで読んだブックマークする

フールナイト(8)のあらすじストーリー紹介

アイヴィー編ついに完結!希望の第8集! ぶ厚い雲に覆われ陽が差さなくなった遥か未来の地球。植物が枯れ酸素も薄くなった世界。しかし人類は、人を植物に変える技術を開発し、わずかな酸素を作り出して生き延びていた。そんな世界で貧困に喘ぐトーシローもまた、霊花になることを選ぶ。霊花になるまでの時間を豊かに生きようともがくトーシロー。そんなトーシローの前に、完全に「霊花」となっても動き回るアイヴィーが現れる。アイヴィーとの激闘の最中、トーシローとアイヴィーは あらゆる生物の記憶と感情が息吹く花畑で言葉を交わす。そこで二人に芽生えた不思議な感情とは…?

タイトルページへ
はじめての方はこちら
Loading ...