なれの果ての僕ら

作者
内海八重
出版社
講談社

3.06

357

8

shou、matsuo、他6人が読んでいます

既刊2巻

発刊:2020.04.17

あらすじ・ストーリー紹介
『骨が腐るまで』内海八重の最新禁断サスペンス!同窓会のために母校に集まった四ノ塚小学校元6年2組の27人は、そのまま監禁された。首謀者の名は、夢崎みきお。目的は「極限状態での善性を試す」こと…。偽りの同窓会で行われる、“善悪”を暴く背徳の実験。同窓会のために母校に集まった四ノ塚小学校元6年2組の27人は、そのまま監禁された。首謀者の名は、夢崎みきお。目的は「極限状態での善性を試す」こと。たった52時間の監禁劇は、薄皮を剥ぐように、人間の本性を暴いていった。疑惑、欲望、暴露、復讐、そして裏切り。正義と道徳を問う、禁断のサスペンス。

このマンガのレビュー

12

関連するまとめリスト

1

関連記事

オススメのマンガ