ひぐらしのなく頃に 鬼曝し編

鬼頭えん竜騎士07

3.36

1909

発刊:2006.04.07 〜

既刊2巻

『ひぐらしのなく頃に 鬼曝し編(1)』巻の書影
『ひぐらしのなく頃に 鬼曝し編(2)』巻の書影
うにたべたいさんが読んでいます

この漫画のレビュー

5.0
4.0
3.0
2.0
1.0
3.36

21件の評価

4.4

2巻まで読みました

「ひぐらしのなく頃に」を元にしたオリジナルストーリーのマンガ版4作のうちの一作。
ちなみに他の3作の内、「宵越し編」と「心癒し編」は読了済みなので、後一作でコンプリートですね。
本作と、現時点で未読の「現壊し編」は共に、鬼頭えん氏が作画担当していて、「現壊し編」には本作「鬼曝し編」のアフターストーリーも同録されているとのことなので、他の作品はともかく「現壊し編」は先に「鬼曝し編」を読んでおくことが必須のようです。

主人公は、雛見沢村の村長「公由喜一郎」の親族「公由夏美」。
一年前に興宮から都会に引っ越してきているのですが、明るい性格により新しい学校でもすぐになじめており、ごく普通の女子高生です。
ある日、片思いだと思っていた男子生徒「藤堂暁」と両思いだということが判って浮かれていた夏美でしたが、帰宅時家族が見ていたニュースにより、祖母の郷里である雛見沢村が夜間に発生した火山性ガスの噴出により、村の住民全員の生存が絶望的になるという大災害が発生していたことを知ります。
熱心なオヤシロさま信者の祖母は、それが"オヤシロさまの祟り"と信じて疑わず、近所の犬猫を風呂に沈め家族の身代わりに生贄にするなど、異常行動を示し始めます。
また、彼女の祖母に限らず、雛見沢村出身の人々から異常な行動をするものが多々現れ、騒ぎとなります。
家族を守るため自分達が"オヤシロさま"に関わっていないと振る舞うことに神経質になった夏実の母は、異常行動をやめない祖母を疎ましく思い始める。
"ひぐらしのなく頃に"バッドエンド後のストーリーで、親類が雛見沢村にいるだけという、一見、無関係な家族が、目に見えない"オヤシロさまの祟り"に振り回され、やがて恐ろしい結末を迎える展開となります。

絵は可愛らしいのですが、どこか狂気じみていて雰囲気がかなり合致していると思いました。
"ひぐらしのなく頃に"のマンガ版も結構読んできましたが、本作は特に良作だと思います。
仲の良かった普通の一家が、妬み合い、やがて死んでいく様は、かなり痛ましいです。
ウジ湧きや拷問などのシーンは無いですが、人を刃物で解体するシーンなどあり、ショッキングなシーンも多々あります。
また、ラストは驚きのどんでん返しがあって、キレイに完結しています。
後味の悪い内容には違いないですが、謎は残さないので、そういう意味ではスッキリした作品でした。
全2巻でまとまっており、読みやすいのですが、バックボーンとしてひぐらし本編を知っていないと、"オヤシロさま"に怯える人々の雰囲気などが伝わってこないため、十分楽しめないと思います。
本編の出題編まで見終わった後であれば、おすすめです。

1

この漫画を読んだ人におすすめ

Loading ...
Loading ...