作品数:6

ファンになる

会田薫の作品

一覧

天才浮世絵師・写楽の娘のたまきは十五歳。版元でもある養父から、春画を描くため、幼なじみに抱かれておいでと命じられ…!? 天才ひしめく江戸浮世絵界に、少女絵師の恋の花ひらく!

『梅鴬撩乱』の書影

梅鴬撩乱

272

発刊: 2011.7.5 ~

完結・全5巻

長州の天才革命児・高杉晋作には、おうのという愛し人がいた。 色町「堺屋」に身を寄せるおうのは、ドジで間抜けだが琴三弦には 並々ならぬ才能があり、芸妓たちの間でも一目置かれている。 そんなおうのの才能と魂にひかれゆく晋作と、彼を取り巻く 山県狂介、赤根武人、久坂玄瑞らやんちゃな猛者どもの 軽快で可笑しみに満ちた幕末ロックな日々とは……!? “面白きこともなき世を面白く……”やんちゃな猛者どもと きらめく女たちが動乱の時代を駆けめぐる!!

『恋する仏像』の書影

恋する仏像

3.04

263

発刊: 2017.6.5 ~

完結・全2巻

寡黙で人付き合いが苦手な無我は、人気者で自分とは正反対の幼なじみ・零雄とともに、幼い頃から仏像彫刻に打ち込んでいた。無意識に零雄に合わせ、力をセーブしていると指摘された無我は、徐々に実力を開花、彫刻の楽しさに目覚めていく。一方、零雄は、無我の変化に焦りを感じ始め……!?

『疼く春』の書影

疼く春

211

発刊: 2015.8.1 ~

完結・全1巻

志に生きると決めた男。愛し方を知らない女。疼く感情の名を、知るまでの物語。 時は幕末。命を狙われた革命家・高杉晋作は、長州を離れ、馴染みの芸妓・おうのを偽りの妻として身を隠していた。革命の渦から距離をとり、ただの男として日々を過ごす中、晋作の胸を疼かせる、ある問い──。 自分は、なぜこの女を連れてきたのか。 この女は、なぜ自分についてきたのか。 追われ、逃げ延び、焦がれ、傷つき、 その果てを探す男と女の物語がいま、幕を開ける──。

『螺旋の素描』の書影

螺旋の素描

3.00

207

発刊: 2009.4.6 ~

既刊1巻

『太陽を堕とした男』の書影

太陽を堕とした男

193

発刊: 2015.8.1 ~

完結・全1巻

「高杉晋作は ぼくのすべてだった」 友情と言うには重く、愛情と言うには血なまぐさい感情──。 もと奇兵隊総督・赤根武人は、長州の裏切り者として牢獄に囚われていた。 だが、敵の密偵となることを条件に、新選組の監視のもと自由を手に入れる。 すでに故郷には帰る場所もなく、残ったものはその身と命だけ。そんな武人の胸を焦がす、ある男の存在とは……? 時代に翻弄され、袂を分かった二人の男。その行き着く果てを描いた、邂逅の物語。

作品レビュー

一覧
あさんのアイコン

ojosama
3ヶ月前

3.0

1巻まで読みました

螺旋の素描

レビュー(1)件

既刊1巻

3.5

2巻まで読みました

恋する仏像

レビュー(1)件

完結・全2巻

この漫画家が好きな人におすすめ

Loading ...
Loading ...