水沢悦子

プロフィール

ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典

水沢 悦子(みずさわ えつこ)は、日本の漫画家。経歴は公表されていない。処女作は『花のズボラ飯』(作画担当。原作:久住昌之)で、『Eleganceイブ』(秋田書店)誌上で2009年6月号から連載開始。当作品は2012年10月から倉科カナ主演でテレビドラマ化されている。漫画評論家の伊藤剛は『マコちゃん絵日記』(作者:うさくん)と『花のズボラ飯』が「絵柄も、コマのテンポも、そっくりだ」と指摘している。また、ヤマダトモコはうさくんが「水沢と絵柄もコマ割りも同じ作風の人である」と指摘している。しかしうさくん、水沢両サイドともに、うさくんと水沢が同一人物であることを2016年時点では一切認めていない。

2

並び替え:

主人公・花の言動が好きになれず、あまり楽しめませんでした。 やっていること(ズボラ飯)は共感できるはずなのに、自己愛が強くて他人を格付けする、前時代の女性の嫌なところを凝縮したキャラクターという印象です。by ヒマラヤワ (119)

1

この作者に関する記事

関連記事をもっと表示 +